Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【春夏秋冬、吹き抜けから森を眺める】イベントレポート 厚別の家オープンハウス

【春夏秋冬、吹き抜けから森を眺める】イベントレポート 厚別の家オープンハウス

先日開催した、『LUXE  厚別の家』オープンハウスのレポートをUPします。

ご来場いただいた皆様、そして入居前のご自宅を提供いただいたオーナー様、本当にありがとうございます。

敷地は厚別区・上野幌。道路を挟んだ裏面にはたくさんの木々が茂り、明るい陽が差し込む中で、窓から木々を眺めて四季を感じながら暮らしたい」というオーナー様のご要望のもと、設計提案させていただいたお宅です。

 

DSCF3704_R

 

当日は雪がチラつくような天候でしたが、雪をまとった木々もまた素敵な景色でした。初夏は新緑が、秋は紅葉が、四季を通じて楽しめるように窓のサイズと配置を検討しました。

 

DSCF3116_R
【別日撮影画像】裏から見た様子。吹き抜けに設置された大きな窓と、斜めの壁が印象的です。周辺は道路の街路樹もキレイに整備されています。外壁はガルバリウム鋼板で、落ち着いたブラウン色を採用しました。

 

DSCF3657_R

 

見学された方は「この景色を感じながら生活できるっていいね」「ちょっと高台になっているから、外からの視線もそこまで気にならない」と、見入っている様子でした。

 

 

 

DSCF3671_R

ベンチとしても使える窓際。右側はAV機器が設置できるように配線もしてあります。さらに左側は…..

 

DSCF3106_R

扉を外すことができ、収納としても使えるような設計になっています。

DSCF3711_R

この部分は床のナラ材を綺麗にカットして取り付け。細かいですが、この部分は床と同じ材料を使うことで一体感が生まれます。「この部分は大工さんとともに気を使って工事しました」(工事担当:中谷)

 

DSCF3070_R

この位置に配置した階段には「何気ない階段の上り下りも、景色を楽しみながらのそれは、気持ちの良い行為になるのでは」(担当設計士:太田)という意図があります。

 

 

DSCF3708_R

階段は吹き抜けを兼ねたつくり。大きな窓を上下に設置しています。

 

DSCF3635_R

階段をのぼったところに水回りを配置。吹き抜けに面した部分は開口を設けていて、抜群の日当たりを確保するとともに、ここからも景色が楽しめます。「ここで身支度するのは気分がよさそう」「これだけ広いカウンターならアイロンがけも便利そうね」といった声が多く聞かれました。最近は2Fに水回りを持ってくる方も多いですね。

菊池邸 knot1-01

左:洗面スペースには天井収納式の物干し竿を設置。使う時以外は天井に収納しておけます。 右:吹き抜けに面した開口部にはロールスクリーンを設置。視線を遮りたいときはサッと隠すことができます。

 

DSCF3639_R

さらにこちらの2F書斎スペース。しつこいようですが、この横長の窓からも景色が楽しめます(笑) 前方に窓がある状態で仕事や読書するって気分が良いですよね。

 

DSCF3627_R
DSCF3628_R

吹き抜けの壁には埋め込みのアッパーライト。吹き抜けの壁に光が反射することで、全体を包み込むような優しい灯りとなります。

 

DSCF3053_R

【別日撮影画像】1Fの床材はナラの無垢床を使用。オーダーメイドのダイニングテーブルもナラ材をつかっています。

 

DSCF3683_R

ダイニングテーブルは作り付けで、壁と一体でオーダーメイド。スイッチやコンセントも使い勝手を考えて打ち合わせを重ねていきます。

 

DSCF3712_R

テーブルの小口は画像のようにテーパーをつけています(斜めにカットしている) ある程度の厚みがないと強度的にまずくなるダイニングテーブルですが、こうすることでシャープな印象にすることができます。こうした細かい気遣いの積み重ねが、お部屋全体の印象をつくっていきます。北王の「シンプルで機能的な家」コンセプトを表現している小さな要素といえますね。

 

DSCF3670_R

ダイニングチェアは、いつもお世話になっている 札幌の家具屋さん『澪工房(みおこうぼう)』さんからお借りしました。UZURA(ウズラ)という椅子で、座面の広さと背もたれの形状によって抜群に座りやすいです。実はこちらのお宅のオーナー様もこのUZURAチェアをご購入されました。

 

DSCF3692_R

斜めになっている壁にテレビを壁掛けできるよう配線しています。斜めの壁は外観のポイントとなる一方で、こちらのオーナー様がテレビを見るシーンを想定したときに、斜めの壁が良さそうだという設計上の提案でした。

 

DSCF3684_R

オープンハウス当日は澪工房さんのキャビネットを置いていましたが、こちらの壁は実は大型のスクリーンを設置する想定です。ちなみにソファはFUDOソファという澪工房さんの商品です。

 

DSCF3722_R

さらに映像好きなオーナー様のご要望で、天井にはスピーカーを埋め込みしています。

 

DSCF3057_R

キッチンに隣接したパントリー。壁一面が収納になっていて、かなりの大容量でした。

オーナー様とともに、細部まで打ち合わせを重ねて作り上げていく北王の家。こだわり部分はその人によって異なりますが、「こういう要望に対して、こういう設計で対応した」という北王なりの例を見学していただくことで、住宅を検討中の方に必ず参考にしていただけると思います。

次回のオープンハウスもご期待ください!