Menu

Our Style北王の家づくり

北王では、お引き渡しから1年後・2年後・5年後・10年後と、定期的に無料点検を実施しております。今回、オーナー様のご協力を頂き、実際の点検の様子を取材させて頂きました。
どのような点検を行うのか、実際に各年ではどのようなことが起こりうるのかなど紹介していきます。
1年と10年ではどのような変化があるのか、自分の家では何が当てはまるのかなど、少しでも不安が減り、メンテナンスに興味を持って頂けたら嬉しいです。

チェックポイント

点検では、以下のポイントをチェックしています。

  • 壁紙

    木造住宅では、木の乾燥や収縮により、壁のコーナーや天井と壁の境目に隙間が生じます。壁紙の隙間やよじれなどのチェックを行います。

  • 屋根

    無落雪屋根の場合、排水口にゴミや枯れ葉などが詰まることにより漏水を起こす場合があるので、定期的に点検をする必要があります。

  • 外壁

    外部では外壁の取り合い部分や、サッシ周りなど様々なところにシーリング剤を使用しております。シーリング剤は、太陽光、雨や雪の影響により劣化してしまいます。漏水などに繋がらないようにチェックを行います。

  • 建具

    ドアや収納の取手に緩みやぐらつきがないか、建て付けやカギのかかりが悪くなっていないかなど、実際に開け閉めをしながらチェックを行います。

  • 基礎(クラック)

    基礎仕上げ表面のクラック(ひび割れ)の確認を行います。

  • 外構

    建物周辺の状況や地盤の沈下などがないかチェックを行います。

  • 聞き取りによるチェック

    設備機器など、使用時に不具合や異変がないか聞き取りによる確認と点検を行います。
    例:暖房パネルの暖まりが悪いなど

1 年点検

  • 玄関ドアの調整
    ドアの閉まりやカギのかかりが悪くなるので定期的な調整が必要になります。
  • 取手の調整
    使う頻度の高い収納扉の取手のネジも緩みぐらついてくるため、ネジを調整しながら締め直します。
  • 木製フェンスの
    メンテナンス
    T様邸では木製ルーバードアのカギの交換を行いました。
    ※状態により、有償になる場合もございます。
  • 暮らしの工夫
    収納スペースをうまく活用されているT様。同じ収納ケースを並べることで見た目も統一感があり、美しいですね。中に何が入っているか分かるようにシールで貼り分けられていました。

2 年点検

  • 壁紙の隙間補修
    隙間を専用のコーキング剤で隙間を綺麗に埋めていきます。汚れやめくれ等気になる所がある場合はご相談ください。
  • 玄関タイルの汚れ落とし
    このような白い汚れが発生した場合、酸性洗剤を水で薄めたものを用意し、ブラシでこすると簡単に落ちます。
  • 木製フェンスの塗装
    太陽光や雨・雪の影響で表面の塗膜が劣化していきます。市販の塗料でも、簡単に塗ることができます。
  • 暮らしの道具

    • 壁紙のすき間充てん剤
      ¥615
    • はけ
      ¥537
    • ガードラックラテックス
      ¥1,316

5 年点検

  • 換気口のチェック
    換気口は床下の換気のために設けられております。季節毎に開閉しましょう。
  • 窓まわりのコーキング補修
    窓まわりのコーキング補修
    外部のコーキングの切れは、漏水の原因になります。オーナー様でも補修できるように細かいレクチャーをさせて頂きました。
  • 暮らしの道具
    コーキングを打つ場所にマスキングテープを施工しましょう。テープとテープの間の幅は均一に貼るときれいに仕上がります。コーキングヘラなどがあると便利です。
    水回り用コーキング剤
    ¥286
  • こんなことも…
    T様のお宅では、窓の曇りが消えなくなってしまいました。こちらは稀なケースなので、このような場合もご相談ください。
10 年点検を
迎える
オーナー様へ

10 年点検

  • シーリング剤の劣化 :外壁
    外壁と同色だったシーリング剤も10年たつとこんなに色が変わってきます。
  • シーリング剤の劣化 :屋根
    10年目は屋根や外壁の塗装時期の目安になります。U様の屋根の上には、くるみの殻が落ちていました。屋根の点検時には、ゴミ拾いや掃除も行いましょう。
  • 換気口のフィルター
    左が新品、右が10年間使用したフィルターです。こんなに色が変わってしまいます。自分のお家もチェックしてみてください。
  • 住設機器の交換
    10年目程になると住設機器にも不具合が…。メーカーの保証期間なども確認してみてはいかがでしょうか。
    (U様邸は10年を目前に食洗機が壊れ、交換したそうです。)

10年点検を迎えるオーナー様へ

家も道具のひとつです。高耐久な家づくりをこころがけてはおりますが、
長い期間何もメンテナンスをしないと、どうしても劣化してきてしまいます。
そのため、適切なタイミングで適切なメンテナンスを行うことが大切です。
屋根・サッシ・外壁から水の侵入を許さず、
断熱性・気密性といった住宅性能を良い状態に保つことにつながります。

無料で実施している10年点検では、お住まいの仕様に合わせた点検を行い、
必要だと考えられるメンテナンスをご提案しております。

ご提案の流れ

  • 01

    10年点検   

    住宅の仕様やオーナー様のお話しをもとに、その住宅に合わせた点検を実施します。

  • 02

    メンテナンスのご提案、お見積

    点検の結果をもとに、メンテナンスをしたほうが良いと考えられる箇所と方法をご提案。面積や施工方法を検討の上、おおよそ1週間でお見積を提示いたします。合わせて、おおよその工事期間もお知らせします。内容によっては、後日、専門業者が訪問させていただく場合もございます。

  • 03

    ご契約

    ご提案内容に納得いただければ、支払い条件や工事期間を打ち合わせの上、ご契約させていただきます。
    リフォームローンなどのご相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

  • 04

    工事

    騒音の発生が考えられる場合などは、工事前に近隣へのご挨拶を行います。
    工事内容によっては電気や水の支給をお願いする場合がございます。

メンテナンス不足で起きうるリスク

適切なメンテナンスを怠ると、場合によっては以下のような症状となり、
結果的に費用の増加を招く可能性もあります。
このような事態にならないよう、以下の箇所についてメンテナンスをおススメすることが多いです。

  • 雨漏れで
    腐食した木材

  • 放置すると
    室内まで水浸しに

  • 屋根の塗装
    冬季間の積雪や、夏の厳しい日射などにより傷みやすい屋根は、箇所によっては10年程度で錆が発生する場合があります。放置して穴が開いてしまうと、材料の張替えが必要になってしまいます。そうなる前に、傷んだ箇所を洗浄・錆び落とし・ハゼ締めなどを行い、新しい塗料を上塗りすることをお勧めしております。
  • 防水コーキング
    窓と外壁の間には、隙間から水が浸入しないようにコーキングを充填しています。新築時は柔らかく、弾力性がありますが、紫外線を浴び続けるような箇所ですと、10年程度で硬化し亀裂や痩せが発生し、性能が低下する場合があります。そういった状態を放置すると、雨水が浸入し、内部木材の腐食をおこし、住宅性能を著しく下げてしまいます。ですので、10年点検のタイミングで新しいコーキング材を充填することをお勧めしております。
  • 基礎への塗装
    構造には影響がないクラック(ひび)でも、放置すると水が入り内部を腐食させる恐れがあります。できるだけ劣化をおさえることができる特殊な塗料を上塗りすることをお勧めしております。