Menu

Our Style北王の家づくり

  • デザイン
  • デザイン
  • デザイン
Designデザイン
デザインは、暮らし方やコストと適切なバランスを保つことが大切です。例えば、ガラスの多い住まいは、一見目を惹きとても魅力的ですが、暖房コストが嵩んだり、耐震性能が劣ることもあります。北王では、豊かな経験とプロフェッショナルの立場から、住まい手を良く理解し、その対価も十分にご説明したうえでトータルにご提案することがとても大切だと考えています。
  • 北王の家 気密レベル(北海道から東北北部)
Air tightness気密
断熱と同じく重要なのが気密性能です。全棟検査を実施する北王の家は、超高気密の住宅性能。隙間相当面積を表すC値は、国内最高水準「北方型住宅ECO」の1.0㎠/㎡以下のさらに半分以下の0.5㎠/㎡(平均値)となっています。
C値とは?
気密の高さを示すC値。相当隙間面積といわれ、その住宅にどれくらいの隙間があるのかを表しています。
  • 北王の家 断熱レベル(北海道から東北北部)
Insulation
断熱 〜夏は涼しく、冬暖かく〜
本社のある十勝地方は、夏は30℃、冬は氷点下20℃を下回るとても厳しい自然環境です。この環境のもとで、家づくりを担う会社が最優先に考えるのは、暖かく快適な住まいです。暖房コストの変動に備えて、また、自治体の断熱基準や環境に配慮すべく、ランニングコストシミュレーションを基に様々な技術や対策をご提案いたします。
Ua値(外皮平均熱貫流率)とは?
住宅の壁、床、天井及び開口部などから、外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値。一般的に値が良いほど断熱性能が良いといえます。
  • 従来
  • 北王の家
Architecture建築工法
構造用集成材と金具を用いた在来工法を採用しています。広い空間、高い強度を確保するために、柱、梁、筋交いに加えて、外壁や床材の下地に強固な材料をプラスしています。また、従来の在来工法の欠点である接合部の強度低下に対応するため、高高度の金物にすることで、より耐震強度を高めています。
  • プレカット
  • プレカット
  • プレカット
Precutプレカット
設計図通りの強度が発揮できるように、あらかじめ工場にて木材を加工します。職人による仕上げのバラつきや現場での細かなミスを防止するのと同時に、木材の含水率を一定レベルまで下げるので、大幅な反りや狂いを軽減できます。
Rigid Floor剛床工法
従来は、床下地合板を受ける根太(ねだ)を使った工法が一般的でしたが、根太(ねだ)は地震の横揺れに弱いという欠点がありました。北王の「剛床工法」では、床下地合板を従来の2倍の28mm以上とし、横揺れを床面全体で受け止めることで、耐震性能を向上させています。
※地域により違いがあります。
Borded Wood集成材
複数の板材を圧着して製造する集成材は、一本の木から製材した無垢材以上の強度があります。この集成材を、柱、梁、火打ちなどに用いたうえで、接合部を金属で補強することにより、より安心な構造を実現しています。
Residence Foundation
基礎150mm厚
建物の根幹である基礎工事については、地盤調査後に確かな強度が保てるように、基礎立ち上がりの幅は150mmを採用しています。