Menu

Staff Inteviewスタッフインタビュー

100%完璧はない、だからこそプロとしてそれを目指す

新卒 / 中途 / 工事部 / 工事部(新築住宅) 主任 /

石橋祐希

工事部の主任として主に新築戸建の施工管理を担う 石橋 祐希(いしばし ゆうき)さん。

専門学校の建築学科を卒業後、新卒で北王に入社。

一見するとハードなイメージを持たれがちな施工管理という仕事。ですがインタビューを通じ、あらゆる関係者やお客様とのコミュニケーションを大切にしながら、うまくプライベートと両立している姿を想像できました。

彼の考える工事部とは?

 

インタビュアー:なぜ、建築の仕事に携わろうと思ったのですか?

石橋:僕は小さい頃よく地元の山で遊んでいたのですが、なかでも秘密基地を作ることがすごく好きでした。学校の授業では工作が好きでしたし、やっぱり「ものづくり」が好きだったんですね。好きな「ものづくり」ができる仕事が何かなって考えた時、建築の仕事が思い浮かびました。

 

インタビュアー:なるほど、専門学校ではどのような事を学ばれたのですか?

石橋:大枠で言うと建築の構造についての勉強がメインでした。材料が持つ特性や強度などは今も活きていますね。測量器具の使い方など実習を通じて学んだこともあります。

就職を考える時期になり、商業施設やマンションなど「ゼネコン的な施工管理」、もしくは戸建を中心にした「木造建築の施工管理」という2つの選択肢で少し迷いました。

ただ僕が大切にしたかったのは、実際に使うユーザーの顔が見られたり、ワンチームで建物を作り上げる実感を得られることでした。そうなるとものすごくたくさんの人が関わるゼネコン的な仕事よりは、お客さんの顔が見ながら一つのチームで戸建てをつくり上げる仕事のほうが自分には向いているかなと思いました。

そんな想いでいた時に合同企業説明会で北王に出会い、家のデザインや細かい部分にこだわっていそうなところを感じて、最終的に北王に入社しました。

 

インタビュアー:入社してからはどのような仕事をしましたか?

石橋:入社当時は新築事業部にいた大ベテランの村川さん(現在はリノベーション事業部)に付いていました。村川さんは大工さんあがりの人だったこともあり何でも知っている(笑) 1年程付いてましたが、学ぶことは本当に沢山ありました。また、会議用の資料を作ったりもしてましたよ。

一つ一つの仕事を経験しながら、気が付いたら覚えていたという感じが強いですね。

 

インタビュアー:そうなんですね。家の工事に関わる職人さんはどんな方が多いですか?

石橋:多くの職人さんとコミュニケーションを取りますが、優しくて面白い人が多いですね。一番よく話すのは大工さんになりますが、世間一般がイメージする大工さんより、北王に関わる大工さんは面倒見がいいと思います。正直、同僚より優しいかも(笑)

 

インタビュアー:そうですか(笑) 大工さんとはどのように関わるのですか?

石橋:大工さんは北王に在籍しているわけではないので、仕事上のパートナーという関係になります。社内に大工さんが在籍している会社もあり、それと比較して一長一短があるかと思いますが、自分的には信頼をベースにしつつも言い訳がゆるされない「ビジネスパートナー」という関係性のほうが、仕事に責任を持てるかなと思っています。

常に「こうしたらよいかも」とか「過去のあの現場のやり方を使えるな」とか考えたり打ち合わせしています。100%完璧は無いですが、それを目指してお互いがプロとして高め合う取り組みをしています。定期的なミーティングも開催していますよ。

 

インタビュアー:話は変わりますが、施工管理という仕事はハードなイメージもあるのですが、率直にいかがでしょう?

石橋:確かに辛そうとか、休みがなさそうというイメージを持たれがちですよね。僕も最初はそう思っていました。笑 ですが、工事部に限らず北王の社風は残業が本当に少ないです。ここ数年、さらにその雰囲気が広がってますね。だから休みも自分でコントロールできますよ。

 

インタビュアー:そうなんですね。最後に新しく入ってもらう人にアドバイスがあればお願いします。

石橋:どんな仕事もそうですが、最初は分からない事が多いと思いますし、やってみないと分からない事も多いと思います。施工管理として、一人で現場を担当してもらう事が1つの目標にはなるものの、それまでは先輩がつきっきりで教えてくれます。

僕も村川さんに色々教えてもらって今があるとは思っていますので、僕も新しく入ってくれた人には同じように教えてあげたいですね。その結果、それが受け継がれていくと嬉しいかな。

 

インタビュアー:素敵な方にお会いしたいですね。ありがとうございました。

 

石橋:ありがとうございました!