Staff Inteviewスタッフインタビュー

北王は素材感を大事にしているところが好感を持てた。

中途 / 工事部 / リノベーション事業部 / 施工管理 /

髙橋利郎

北王 札幌のリノベーション事業部で働く髙橋利郎(たかはしとしろう)さん。

地元は小樽市で、大学の進学では新潟県にある建築学科へ進学。

その後、宮城県の仙台市で大手キッチンメーカーの設計に携わります。

「もっと、手に職をつけるものを得たい」という思いから、東京近郊で結婚式場や、高級ホテルの内装に関わる仕事に携わってきました。

「いつかは北海道に帰ること」が目的だった高橋さんは地元の北海道でも「いいものに触れる仕事を続けたい」という思いで、北王札幌のリノベーション事業部へ入社されました。

 

ー北王に入社する前はどのようなお仕事をされていたのですか?

高橋:最初の就職では仙台にある大手キッチンメーカーの設計として働いていました。実はその頃から既に地元へ帰りたい思いもありましたが、地元へ戻るなら「もう少し手に職をつけてから帰ろう」と思いました。

その後は内装の仕事に興味があり、東京近辺にある結婚式場の内装の仕事や、5つ星がつくような高級なホテルの内装の仕事に携わっていました。

その内装のお仕事ではいい素材のものを扱う場面も多く、そういった目も養われる機会に恵まれていました。この頃、丁度プライベートでは結婚もしたのですが家族のとの生活を事を考えた時、北海道での生活の事が僕の中でより一層強く意識し始めてきました。

 

ただ北海道に帰るとはいえ、関わる仕事は「いいものに触れられる仕事をしていきたい」という事は変わりませんでした。

 

ーなるほど。では高橋さんは北王のどのようなところに惹かれたのですか?

北王は「素材感を大事にしている建築会社」というところを1番感じたところでした。

同時に「北海道に帰りたい」という目的もありましたが、もう1つの目標みたいのがあって、それはいつか北海道で自分の家を建てたい。という事でした。

これは夫婦で考えていたことですが「じゃぁどの会社で家を建てたいか?」と話し合った時、その答えが北王の家でした。

 

ー自身がお客さんだったら。という視点で北王に興味を持ってくれたのですね。現在はどのような現場でお仕事をされていますか?

入社してからはマンションリノベの現場管理が多かったですが、最近は、戸建てリノベの物件も担当しています。リノベーションの現場では実際に解体をして、中身を見てみないとわからない事も多く、その中でのスケジュールの調整などの管理も任されていますが、お引き渡しの時、お客さんが施工後の綺麗な空間に変わった時に、喜んでもらえることがこの仕事をしていてよかったなと思う瞬間ですね。

 

ー確かにリノベーションの現場ならではの素敵なお客様の表情が見える光景かもしれませんね。最後に高橋さんに今後の夢をお聞かせください。

夢は「家を建てること」と言いましたが、実は現在北王で家を建築中です。仕事とは関係ありませんが、地元に程近いところで建築中で本当に完成が楽しみです笑

ーそれは楽しみですね!有難うございました!