ZEH builderZEHビルダー登録

ゼロエネルギーで、暮らそう

ZEHビルダー登録について

日本では2018年7月閣議決定された「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020 年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が設定されています。 経済産業省はこの目標の達成に向け、2016年4月「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。 この制度は、補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所等を対象として公募を行い「ZEHビルダー」として登録するものです。

ZEHの周知と普及にむけて

本WEB上での公表、モデルハウスへ来場されたお客様へZEH基準住宅の性能や効果についてPRします。また、ZEH基準住宅についての知識・技術を習得するための社内研修による社員育成を行います。

ZEH受託率目標と実績

ZEH受託率目標

現状、ZEHに必須の太陽光パネル設置のハードルが高く、普及率が伸び悩んでおりますが、北王では今後建売の分野で太陽光パネルの設置を積極的に進め、ZEHの普及促進に努めて参ります。

昨今の自然災害や異常気象の増加は、地球温暖化と密接な関係があると考えられています。住まいづくりを担う中で、私たちも「住み続けられるまちづくりを」目指して参ります。

ZEH住宅のコストダウンに向けて

ZEH住宅に有効な各種建材や設備について、その費用対効果や効果的な施工方法を検討してそのコストダウンを図り、本質的に意味のあるZEH住宅の建築を目指します。