Menu
モレモレ札幌 ~地下鉄・大通駅の水漏れ対策~

モレモレ札幌 ~地下鉄・大通駅の水漏れ対策~

%e3%83%a2%e3%83%ac%e3%83%a2%e3%83%ac%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

こんにちは、五十嵐です。

「水漏れ」 建築関係者にとって聞きたくない言葉のひとつです。

「イマドキ水漏れなんて聞かないよ、全然身近じゃないよ、いつの時代のはなし?」なんて思っている方も多いかと思いますが、意外と身近なところで目にしているはずです。

 

地下鉄・大通駅の構内。こんな光景↓は見たことありませんか?

1%e3%83%a2%e3%83%ac
天井に貼られたビニールシートから管が伸びて、ポリタンクへ接続されています。

それぞれをクローズアップしてみますと…

 

%ef%bc%92%e3%83%a2%e3%83%ac
大小さまざまなビニールシートがガムテープで固定されています。
ちょうど天井の継ぎ目からモレているようです。

3%e3%83%a2%e3%83%ac
管は柱にガムテープでバリバリに固定され…

%ef%bc%94%e3%83%a2%e3%83%ac
ポリタンクへ接続。

これら、天井からの水漏れ対策です。

基本的にビニールシートとプラスチック製の管を駆使しての水漏れ対策。
正直、かなり原始的な対策だと思いますが、
地下鉄の職員さんが必死で取り組んでいる光景が目に浮かびます。

 

↓ほかにはこんなのも…
%ef%bc%97%e3%83%a2%e3%83%ac

%ef%bc%98%e3%83%a2%e3%83%ac
おお、結構たまってる!結構モレモレ!

 

↓ほかにはこんなのも… バスセンター前駅への連絡通路

%ef%bc%94%e3%83%a2%e3%83%ac-2

%ef%bc%95%e3%83%a2%e3%83%ac
ギリギリのガムテープ使いです。いつまで持つのでしょう。

 

ガムテープ使いに個性が出てくるのが面白い。

↓これ、なんかすごい。雑ながらも迫力あるガムテープ使い。
白色のガムテープの中で、なぜ1箇所だけ茶色のものを使っているのだろう……
%ef%bc%99%e3%83%a2%e3%83%ac

↓私のお気に入りの一枚。
タイル貼りの壁に埋め込まれたいくつかのオブジェクトの中、
ビニール管と白色ガムテープの配置に美意識を感じます。
10%e3%83%a2%e3%83%ac

 

私がこういった雨漏れ対策に興味をもったのは、おおよそ6年ほど前。
「モレモレ東京」という謎のイベントにたまたま参加したのがキッカケでした。
その名の通り、「東京の地下鉄の水漏れとその対策」を題材に、
ビニールシートとプラスチック管、ガムテープが織りなす光景の芸術性に着目した
イベントでした。芸術性だけでなく、古地図と照らし合わせた水源や水流の話といった
アカデミックな領域にも踏み込んだ内容でとっても面白かったんですね。
着眼した人の感性がすごいなぁと感じました。

今だとこんなWEBサイトもあるようですね↓

「駅もれ」 http://ekimore.tumblr.com/

ここからは全国津々浦々の雨漏れ対策を見ることができます。

 

しかし…… なぜこんなにも原始的な対策なんだろう?と思いますよね?
リニューアルされてから、より近代的になった大通りの地下空間で、
この「ビニールシート+ガムテープ」からはシュール感すら漂います。
景観的に「もうちょっと何とかならないのかしら?」と思っている人も多いかと。

ただこちらを見ていると 原因は何なの?都心部のハンパない「雨漏り駅」の謎。

根本的な解決はなかなか難しいようですね。
すっごくお金(税金)もかかりそうです。

ですので、ちょっと着眼点をズラして、
「ビニールシートとガムテープのオブジェを楽しむ」という心持ちでいれば
意外と楽しめるかと思いますよ。駅員さんの試行錯誤に思いを馳せるのがポイントです。

住宅でも寒地ならではの「すが漏れ」が懸念されるこの季節、
オーナー様、万一何か異変がありましたらすぐにご連絡ください!