Menu
木材への保湿

木材への保湿

乾燥した天候の日が続いてますが、お住まいにも

保湿が必要な事をご存知でしょうか。

住宅に使用する木材は含まれる水分の比率(含水率)

が決められていて、構造材は20%以内、仕上げ材は15%

以内のものを使用しています。

それが時間をかけて完成後も徐々に水分が抜けていきます。

乾燥は、この進行を短期間に促進させ、クロスの亀裂

や建具開閉の不具合、床材の収縮といった症状が極端に出

やすくなってしまいます。

リフォーム現場では特に、乾燥しきった既存の木材と新規の

木材が組み合わせって仕上がる為、症状ががまばらに出現し

ご心配されるお客様も多くいらっしゃいます。

DSCN3532

加湿を40%以上で保って頂くと、症状が緩和され、もとの状態

に戻る事もあります。是非お試しください。