Menu
マンションリノベーションの成功の秘訣は動線と収納

マンションリノベーションの成功の秘訣は動線と収納

現在配布させていただいている、季刊誌のテーマは、「収納」です。

表紙の写真に掲載させていただいた中央区F様の事例をご紹介いたします、

築30年の中古マンションを購入したF様は、生活動線とそのエリアで必要な収納を考えました。

▼玄関のベンチに造作したスリッパ入収納 靴を履くときもスムーズです。

収納玄関

▼玄関の反対側は姿見を造作。家族の動線には、靴棚とウォークスルークローゼット

収納玄関土間

▼ウォークスルクローゼットの回遊した先は寝室へと続きます。

収納寝室ウォークスルークローゼット

▼寝室の壁面収納はご夫妻ごとに通気性のあるルーバー扉のクローゼット。

収納寝室クローゼット

▼その先は洗面室。洗面グッズは鏡の裏へ収納

収納洗面

▼洗面とはエリア分けして、洗濯脱衣室。

洗剤や洗濯物干しなど丸見えにならない間取りに。

収納洗濯脱衣室 

▼タンクレストイレの上部に収納棚造作。

使いやすい高さを重視。

収納トイレ

帰宅してここまでの動線で

おうちモードになれますね(笑)

▼現在キッチンは引出収納なので吊戸棚は不要です。

収納キッチン

▼キッチンの裏手に食品庫。カゴ・ラックの活用。

お手本にしたいです。

収納食品庫

▼お掃除道具入は、廊下や洗濯室やリビングの近くが便利。下はOPENにしてお掃除ロボット基地に。

収納掃除道具

▼キッチンを囲う様に見せる収納棚と隠す収納扉を造作

収納ダイニング

▼リビングに隣接した小上がり畳室は、ゲストルームや書斎スペースを兼用します。

収納小上がり

▼畳の下は結構な収納量。ゲスト用のお布団やアイロン台や季節ものの収納に

収納小上がり内部

▼元々和室の出窓だったカウンター下にも収納スペースの確保!長物のストックに活用

収納出窓下

いかがでしたでしょうか!?写真に写っていない収納棚も2~3か所ありますが、マンションは空間が限られているからこそ、徹底的に自分の動線を思い出しながらスペースの有効利用をおすすめします。

エリアごとに収納スペースが確保できると、片付けやお掃除のしやすいおうちになりますね。

ちなみに余白は3割くらいあると理想です!

※収納特集の季刊誌Knot〔ノット〕

ご希望の方は、RELIFE*〔リライフ〕スタッフへお申し付けください!