Menu
器のこと。

器のこと。

 

こんにちは、前野です。

 

今回の記事は四コマではありません。

器について、です。

 

前野の個人的に好きな器と、

それを購入したお店について

ざっと紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

IMG_7865

 

がらすやOQU 小国香織さんのグラス

細かな気泡がとても綺麗で

夏によく似合うグラスだなあと思い、購入しました。

 

 

■ Ach so ne (アソネ) さん

 http://www.achsone.jp/

 

西18丁目付近にある

器、洋服、日用品、コーヒーやジャムなどの食料品まで

さまざまな商品を取り扱う雑貨屋さんです。

知人の紹介で知ったのですが、

お店はもちろん、働いている方もとても雰囲気が良くて大好きです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

IMG_7881

 

イイホシユミコさんのマグカップ。

 

unjour(アンジュール)シリーズの中の

matinという大きめのマグカップです。

(ちなみにunjourとはフランス語で「一日」を意味します。)

(matinの意味は…知りません…。)

 

 

■sabita(サビタ) さん

http://sabita.jp/

 

円山付近にあり、1階がショップ、2階がカフェになっています。

あらゆる作家さんの器や、洋服、食料品などを取り扱っています。

まだ一度しか行ったことがありませんが、

これまた素敵なところでした。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

IMG_7882

 

一昔前の森永のグラス。

何かの記念のノベルティー?だとか。記憶が曖昧です。

なんといってもこのレトロなデザインに惹かれて4年程前に購入しました。

2つセットで買いましたが、ひとつ割ってしまいました…無念…。

 

 

■PASTILLE(パスティーユ) さん

 http://pastille.tea-nifty.com/

 

江別市大麻付近にある、どこか懐かしくて可愛らしい雑貨屋さんです。

 

ここの店主さん(紳士なご主人)の話を聞くのが好きで、

学生時代によく通っていました。

 

当時まだ学生で一人暮らしの私は

家具などにお金はかけられませんでした。

「素敵な雑貨を買っても、どうしても生活感のある部屋に馴染まなくて、

なかなか理想通りの空間を作れない」と相談したことがあります。

 

店主さんは

「少しずつでいいんですよ。

いいなぁと思うものは、長く付き合っていけるものです。

便利でお手軽なものが溢れている時代だからこそ、

自分の好きやこだわりを大切にしていれば、

理想の部屋はできていきます。」と仰りました。

 

 

社会人の今、まだまだ満足できるものではありませんが

それでも自分の部屋の雰囲気は好きです。

好きなものだけを大切にしてきたというのもありますが、

引っ越して部屋そのものが変わったというのも大きいです。

 

この器が似合う食卓にしよう。

この食卓が似合うダイニングはどんなのだろう。

そんなダイニングにするにはどんな家がいいだろう。

 

今まで建築にはほとんど興味がありませんでしたが、

こんなふうに暮らしを想像していくのは好きです。

 

 

話がそれました。

戻ります。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

IMG_7883

 

IMG_7872

 

IMG_7983

 

 

この3つはそれぞれ頂いたものです。

ブルー、いや、すみれ色が綺麗なマグはとてもお気に入りです。

最近同じ色のお皿も買いました。

下の二枚の写真は、先月の誕生日に友人から頂きました。

自分の好みをよく分かってくれているなぁと思います。

 

 

 

■pasque is.(パスキューアイランド) さん

http://www2.snowman.ne.jp/~pasq/

 

実はここ、前野の一番お気に入りのお店です。

東急ハンズに隣接するビルの裏側にあります。

 

素敵なご夫婦で経営されていて、

”買った人が自分流に変えていく、余白のある商品を扱うこと”をコンセプトとしているようです。

 

用事がなくてもふらりと立ち寄ってしまうくらい、好きな空間です。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

以上

一部ではありますが、前野の個人的に好きな器とお店の紹介でした。

小さなマグカップひとつから暮らしを想像する。

悪くないと思います。むしろなんかいいなって思います。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

では今日はこれにて。