ステンレス製品のお手入れ

ステンレス製品のお手入れ

こんにちは、中谷です。

 

今回はステンレス製品のお手入れについて紹介します。

 

ステンレスは耐蝕性に優れた「さびにくい金属」ですが、

絶対にさびない金属ではありません。

湿気や汚れなどによりサビが発生します。

 

この「さびにくい金属」とは、素材の表面が空気中の

酸素によって生成される薄くて緻密な「酸化被膜」と

呼ばれる保護膜で覆われ、外気を遮断してしまうから

さびにくくなります。

 

仮に素材の表面に傷がついたとしても、「酸化被膜」が

すぐに再生され外気を遮断してしまうからさびにくいのです。

 

しかし、素材の表面に付着した

「ほこり・煤煙のすす(カーボン)・鉄粉など」を

そのまま放置しておくと付着物によって「酸化被膜」が

できにくくなってしまします。

 

このような場合に適切な清掃をして、付着物を

取り除けば「酸化皮膜」はすぐに再生されます。

 

いつまでも美しい外観を保持するために、「さび」の

原因となる付着物を、できるだけ早く取り除きましょう。

 

【お手入れ方法】

・日常的な汚れ

  柔らかい布でから拭きしてください。

 

・汚れがひどい時

 薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いたあと水拭きしてください。

 その後乾いた柔らかい布で水分を拭き取ってください。

 

※注意

 金属タワシや砂入りの洗剤でもお手入れは、

 キズの原因になりますので避けてください。

 

以前オーナー様宅のステンレス製の物干し、ホスクリーンが

錆びてしまったという事がありました。

IMG_5079

 

この時も付着物を上記の方法で取り除くことにより

きれいになりました。

 

参考になればと思いますm(₋ ₋)m