Menu
ガルバリウム鋼板で外壁リフォーム

ガルバリウム鋼板で外壁リフォーム

あけましておめでとうございます。

今年も施工事例を中心にブログを更新したいと思います。

年末にお引き渡した、南区T様の外壁リフォーム事例のご紹介を致します。

築28年の窯業系サイディングの一種である外壁材で、塗装も施しておりました。

▼工事前外観 

0既存

今回は、ホワイト系のガルバリウム鋼板にしたい!というご要望。

▼工事後 屋根と外壁をガルバリウム鋼板で印象が変わりました。

1

▼よくみると、塗装がはがれ、外壁材の基盤が凍害を起こしております。

DSC05957 DSC05970

腐食した部分や屋根も張り替え、コーキングで防水処理

鉄部のシャッターや柱も外壁に合わせてホワイトで塗装

2

鋼板には平リブタイプなので、少し個性が出てよい感じです。

実は、ガルバリウム鋼板の厚みは、通常0.35㎜ですがベコベコしないように0.4㎜へ厚みを変えております。

少しの事ですが、かなりビシッと張りあがりました。

最近の鋼板は耐汚性もUPしているので、将来のメンテナンスも安心です。

▼工事前玄関ドア 

DSC05931

以前建具屋さんが造作してくれたそうですが、内装ドアの様でしたので一緒に取替をご提案。

▼工事後玄関ドア 立派な断熱玄関ドアに。

DSC07360

LIXIL断熱玄関ドアジエスタ2はこちら!

▼工事前玄関 新築用の玄関ドアを採用するので、玄関タイルが壊れてしまいます。

DSC05933

▼工事後 タイルの上から施工性の良いフロアータイルを貼りました。

DSC07358

玄関ドア幅も少し広げたので、玄関収納は造作致しました。スッキリした納まりで喜んでいただけました。

玄関の床タイルを壊したくない方は、リフォーム専用玄関ドアがございます。

LIXILリフォーム断熱玄関ドアリシェント3はコチラ!

▼工事前アプローチ 

DSC05965

▼工事後 アプローチ部分だけガルバリウムの折り方を変えました。

DSC07374

▼ガルウェーブという新しい折デザイン。凸凹や幅がランダムなので個性派の方におすすめです。

3

今回は軒下だったので、デザイン重視で横張りにしましたが、

ゴミがたまるので通常は縦張りがおすすめです!

詳しくは下記サイトを参考にしてみてください!

ガルウェーブを詳しく見たい方はコチラ!

 

週末から戸建リノベーションモデルハウスが再開します!

モデルハウスは、シルバーのガルバサイディングと玄関ドアの無機質系×カラ松羽目板の外観が目印です!

山の手モデル外観玄関

戸建リノベーションモデルのご案内はコチラ!