Menu
多治見という町。

多治見という町。

こんにちは、五十嵐です。

岐阜県。
みなさんどのようなイメージでしょうか?

岐阜県ご出身のかたには申し訳ありませんが、
正直マイナーな県かなと…。
一度も足を踏み入れることなく生涯を終える人も
結構いるんではないかと…。
というか、その前に岐阜県ってどこにある?
からはじまる人も多いかと…。

そんな岐阜県に32歳にしてはじめて訪れました。
場所は名古屋のちょっと北です。

先日ある研修のため、愛知県に行く機会があったのですが、
そこでの空いた時間で岐阜に行ってきました。

名古屋市内から電車に揺られおおよそ50分程度。

訪れたのは岐阜県・多治見市(タジミ市) 焼き物の町です。

目的は2つ。

1つめ。
信濃屋。1930年創業のうどん屋。
shinanoya

たまらん外観。これは美味いうどんが出てきそう…!

が、
『月曜・火曜は定休日とさせていただきます』
今日は火曜日。無情なる張り紙。TEL確認しなかった自分が悪い。
無念、うどん、断念。

2つめ。
ギャルリ・百草(モモグサ)
momogusa

良い感じのアプローチ。小道の端には何色かのタイルが敷かれていて
それがまた雰囲気を高めている。
ここは陶芸家の安藤雅信という方が古民家を改装してやっている
ギャラリーとカフェ。

momokusa2

当日はantipast(アンチパスト)という靴下で有名なブランドの
展示・販売会もやってまして、すごく楽しめました。

向かう途中のタクシーのドライバーさんから
とても気さくな対応をしてもらったのも大きかった。
どうやらそのドライバーさんはもともとは陶器の卸売業に従事していたらしく、
現代の陶器事情や、歴史的・文化的な背景をわかりやすく説明してくれた。
会話の最後に90%の確率で入る「たぶんですけどね」という適当な感じも
とてもよかった。

岐阜、いいじゃあないか。

出不精なわたしですが、どんな機会であれ
知らない土地に行くのはいいものですね。

それでは!!