Menu
ダブルボウル洗面台のリメイク

ダブルボウル洗面台のリメイク

お子様達の成長を見据えて、ご実家と住居のチェンジに伴いリノベーション。

ご両親の長年使った設備機器をそのままにイメージを一新した事例のご紹介です。

間口が1.8mのシステム洗面化粧台。ツインボウルが当時、最先端のものだったのだと思います。

▼before&after

0%e6%97%a2%e5%ad%98%e6%b4%97%e9%9d%a2 6%e5%ae%8c%e6%88%90

まずは、丁寧に解体。鏡の付く壁面にベニヤを張ります。

照明器具の位置に電線が見えます。マスキングテープで鏡とシンクの位置をシュミレーション!

1%e8%a7%a3%e4%bd%93%e6%b4%97%e9%9d%a2%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

床と壁材を張り替えて、洗面廻りはサブウェイタイルを貼りました。

扉に木目の化粧シートを貼り、アイアン取手に取替。随分と印象が変わります。

4%ef%bd%bc%ef%bd%b0%ef%be%84%e4%bb%95%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a

気がかりだった、人造大理石のダブルボウルとそれぞれの水栓金物。穴を開け直しが必要でしたが、

お掃除に便利な1穴のシャワー水栓 と 洗髪のできる2穴のリフトアップするシャワー水栓も

無事におさまりました!

5%e5%ae%8c%e6%88%90%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%b3

鏡を造作して、マリンランプを二つ付けて完成!

6%e5%ae%8c%e6%88%90

取り替えるより難易度高いリメイク。

お客様のこだわりのご要望 と 職人さん達の技術力 がうまく組み合い

達成感でいっぱいでした!