Menu

Sapporo Model house & Event

  • 公開終了

【公開終了しました】 クオリア03屯田モデルハウス


 


いろいろな検討を重ね大切に建てられた屯田モデルハウス、クオリア№03。4月6日(土)+7日(日)をもって最終公開となります。

公開終了となりました、たくさんのご見学ありがとうございました!

<以下、当時の紹介文>

 

モデルハウスが建つエリアは、屯田「季実の里」という名で分譲されてきた住宅地で生活利便施設が充実しています。すぐ近くにもスーパー『トライアル』がオープンしました。

 

いつも程よく人で賑わうROYCE’(ロイズ)。中にあるカフェスペースは良い意味で洒落すぎていなく、地域に馴染んでいる雰囲気があります。レンガを使った外観が上品。

 

そんな屯田エリアに、白いガルバリウム鋼板の外壁がきれいな印象のモデルハウスがあります。もちろん金属なので耐久性・メンテナンス性にも優れる外壁材です。

 

少しだけですが、家の中をご紹介していきます。

屯田画像3_DSC5098

【キッチンからダイニング・リビングを見る】 

キッチンから見てすぐ手前にダイニングスペース、少しズレた左奥にリビングスペースがある間取り。

 

_DSC5062

【ダイニングからリビングを見る】

このズレは「ダイニングとキッチンを程よく区切る」ことを狙ったものです。最近、どちらかというとLDKが完全に一体になった空間が主流になっていますが、「この2つが何となく区切られた感じがシックリとくる」人も多いのです。

 

屯田モデル 回遊画像

【画像左:玄関ホールからダイニングを見る】【画像右:玄関から直接行ける洗面スペース】

玄関から正面にはダイニングへと向かう入口がひとつ。右側には水回りへと向かう2つ目の入口があります。この2WAY動線によって、『帰ってきて、そのまま水回りに行ける』ようになります。たったそれだけのことで、生活動線はかなり短くなりますので、日常生活のストレスが軽減されると思います。

 

 

_DSC5047

キッチン背面にはオーダーメイドの収納が備え付けられています。木のカウンター部分と扉部分の色を変えることで、すべてを木質感で揃えるよりもシュッとした印象にできたかと。右側にはパントリーが隣接していて、合わせるとかなりの収納力です。

 

DSCF0263_R

収納の扉はこのように開くことができます。

 

DSCF0241_R

また、階段下のスペースも大容量の収納になっています。ここの扉は目立たせてもしょうがないので、なるべく壁と一体となるような形状でオーダーメイドしたものです。

 

DSCF0281_R

部屋に合わせてセレクトされた家具・インテリア。例えば、画像のダイニングチェア×4脚は『匠工芸(たくみこうげい)』、ダイニングテーブルは北王オリジナルのオーダーメイド。

 

ネイビーのソファとセンターテーブル。窓につくウッドブラインドも雰囲気が出ています。

このほか、2Fはいろいろな生活スタイルに合わせて可変できる仕掛けがあったり、玄関土間部分の床暖房だったり。画像ではご紹介できていない部分がたくさんあります。

4月6日(土)+7日(日)をもって最終公開、見学できる最後の機会となります。どうぞお気軽にお越しください。

POINT

このイベントのポイント

開催日時
公開終了