Menu

Sapporo Model house & Event

  • 終了しました

(終了しました)【嬉しいリズムを、生む仕掛け】東雁来の家 オープンハウス



このイベントは終了しました。たくさんのご来場、本当にありがとうございました!


11月17日(土)+18日(日) 東区・東雁来にて
注文住宅-LUXE-【リュクス】のオープンハウスを開催します。札幌エリア、2018年最後のオープンハウスとなります。ほぼ完成を迎えた、現地の様子を少しだけご紹介させていただきます。

 

続々とお店の出店ラッシュが続く、東雁来エリア。特に国道275号付近は、いまだ行くたびに風景が変わる印象があります。

 

札幌中心部を背にして、国道から右側。新しい住宅が立ち並ぶ一角に今回のお宅があります。グレーとブルーを程よく感じる色合いのガルバリウム鋼板、そして上下2連に並ぶ大きな窓が印象的な外観。黒いガレージの質感も家との相性が良いです。

1Fリビング全景。オーナーは「大きな空間に、大きな窓がある」というイメージのもと各所に深いこだわりをお持ちでした大きな吹き抜けも含め、まさにそれが体現された空間という印象でした。そして、タイル貼りの壁+備え付けの収納が存在感アリです。

 

 

吹き抜けには木製のオープン階段がかかります。撮影当日は雨混じりの生憎の空模様でしたが、大きな窓からはそれでも十分に明るい光が入っていました。

 

階段はご覧の通り、回り込んで上り始めるような形状。その場所に合わせて作る北王オリジナル階段だから可能な形状です。もちろん、木の色や手すりの色は全体の雰囲気に合わせて塗装できます。

 

そしてリビングの一角にあるこのスペース。タイルの部分にTVを掛けます。備え付けの収納は、木質感を出すために敢えて板目(木目が曲線を描いて見えるような方向)の部分を前面に見せたオーダーメイド。 

設計提案時の手書きイメージパース。「どこかしらに変化が出る一角をつくってあげることで、広い空間にまた違ったリズムで出るかなぁと思って、オーナー様に提案させていただきました。オープンハウス当日はイメージパースのように生花を飾ろうかと思っています」設計担当:飯田 

 

リビングからキッチンを見る。フラット対面式のキッチンは非常にシンプルな形状で綺麗でした。背面は壁一面の造作収納。画像の左側にはパントリーもあります。撮影当日には間に合いませんでしたが、当日は澪工房のダイニングテーブル+ダイニングチェアを設置する予定です。グレー系に張り替えられた壁紙が、床との相性ヨシでした。

 

左画像:廊下から洗面スペースを見る。ネイビーのタイルがもつ質感と発色が上品で、グッと空間の質を上げている印象。キッチンからひとつながりの水回り配置が使いやすそうでした。 右画像:洗濯脱衣室。たくさんの引き出しがついた備え付け収納、そして通路部分を避けるように設置されたハンガーパイプ。

 

2Fホールより吹き抜けを見る。右奥は寝室。

 

寝室から室内窓を通して吹き抜けを見る。吹き抜けがもたらす光の恩恵は、こういう形で得ることもできます。

 

このイベントは終了しました。

POINT

このイベントのポイント

開催日時
終了しました
開催場所
終了しました