Sapporo Model house & Event

  • 2月20日(土) プレオープン予定

<随時更新>住まいを改めて考える -LUXEモデルハウス-


 

2021年2月下旬、LUXE北野モデルハウスが完成予定です。コロナウイルスの影響をはじめ、様々な考え方が変化しつつある中ですが、住まいづくりも例外ではありません。北野モデルではわたしたちが今まで大切にしてきたことの進化+新たなチャレンジに取り組みました。工事中の画像をもとに、まずは4つのコンセプトをご紹介します。

 

Concept-1

周辺環境に、

ほどよく溶け込む

目の前にひろがる河川敷は周辺住民の憩いの場となっています。ランニングする人、ゴルフの素振りをする人などなど……。この風景にほどよく溶け込みながら、この環境を気軽に利用できるようになることは、おおきな嬉しさにつながると考えました。河川敷方向の抜け感を生かした建物配置、境界をほどよく曖昧にする塀や外構計画など、環境にほどよく溶け込む工夫を参考にしていただけると思います。

 

Concept-2

暮らしの可変性を高める、

もうひとつのドア

「このスペース、こんなことにも使えそうだなぁ…..」自然とそう感じさせる住まいは楽しそうです。北野モデルには2つの入り口があり、ひとつは用途を限定しない4帖の土間スペースに続きます。半独立した空間なので、副業や趣味の延長として小さなSHOPやオフィスにも使えるかと思います。もちろんDIY用の作業スペースや、庭・アウトドア道具の収納スペースにも使えます。一見すると変わった仕掛けかもしれませんが、人生の可能性を少しでも広げるような工夫だと感じていただければ嬉しく思います。

 

 

Concept-3

材料は使い方次第でかがやく

北野モデルにある玄関ホールのカウンターには樹皮がついたままの木材が使われています。設計士が材木店を訪問してセレクトしたものですが、節の存在や木目の状態は専門的な価値基準から見ると「ほどほど」とされるものです。ただ、今回の利用ケースでは「一流」とされるものと差が少なく、かつリーズナブルという意味では価値が高いと考えました。そういった、「使い方次第で価値が高まり得る」ことを感じていただければ嬉しいです。

 

 

Concept-4

細かな工夫や配慮を増やす

美しく・機能的な住まいは細かな配慮の積み重ねによって実現すると考えています。たとえば標準仕様の巾木なしの仕上げは、それ自体は細かなことですがスッキリとした印象をつくる重要な要素のひとつだと考えています。北野モデルでは優しい印象をつくるため各所に面を取る仕上げを施すなど、新たな工夫に取り組んでいます。

 

 

以上が4つのコンセプトです。言葉にするのがなかなか難しく、ちょっと何言っているかわからない部分も多いかと思いますが、少しでも共感いただけたなら嬉しいです。きっと住まいづくりを考えている方にとって参考にしていただけると思っています。

いまのところ2月下旬、おそらく2月20日(土)にはプレオープンできる予定です。工事の様子、そして完成後の様子は随時更新していきます。2月中旬にはご見学予約も受け付け開始します。どうぞご期待ください!

POINT

このイベントのポイント

開催日時
2月20日(土) プレオープン予定
開催場所
札幌市清田区北野4条3丁目12

>Google Mapでみる