Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

オーナーに直接すみごこちを聞ける。「本音が聞ける見学会vol.2」レポート

オーナーに直接すみごこちを聞ける。「本音が聞ける見学会vol.2」レポート

 

先日開催した「本音が聞ける見学会 -オーナー宅見学会 vol.2-」の様子をレポートします。

建築後の暮らしの様子を拝見し、実際の住み心地をオーナーに直接聞けることで好評いただいている本イベント。

※vol.01の様子は ◆こちらからご覧いただけます

今回も2組のオーナー様にご協力いただき、住宅を検討中の方10組に対して予約制で見学していただきました。

 


1組目 : 造作木製キッチンが目を引く、QUAREA№.01のお宅


 

2015年に大幅リニューアルをしたQUAREA。1組目のオーナー様は宅はちょうどリニューアル後に建てられたQUAREA№.01。いつも明るく気さくなオーナー様ご家族に、笑顔で迎え入れていただきました。大きな吹抜けと窓からは気持ちの良い光が差し込み、穏やかな時間が流れていました。

 

DSCF9474_R_R

外観は白っぽいグレーのガルバリウム鋼板。家の前に植えられた植栽が爽やかな印象でした。

 

 

 

 

DSCF9418_R_R

「ここは気に入っているポイントです」「ここはこうすれば良かったかも?」など、住んでみて思うことを赤裸々にお話ししてくれた奥様。ちなみにこの写真は「子供が小さいうちはオープン階段の角に頭をぶつけないようにクッションをつけています」と説明してくれている場面。

 

 

 

 

DSCF9455_R_R

お子様の身長に合わせて階段に貼りつけたクッション材。

 

 

 

 

DSCF9436_R_R

DSCF9434_R_R

2階の吹き抜け部分の収納には、ご主人様の趣味であるCDとレコードがずらり。
「吹抜けを生かして、休日の朝にここで音楽をかけて一日を始めたいなと前々から思っていたんです」とのこと。想像するだけで素敵な暮らしです。

 

 

 

DSCF9445_R_R

大きな吹抜けのある階段から1階を見下ろした図。参加したお客様は、気になるポイントを直接オーナー様に質問していました。「ホンネが聞ける見学会vol.1」でもそうでしたが、やはり皆さまが気になるのは月々の光熱費や冬の暖かさなど。

ちなみにこちらのお宅では、冬の一番高い時期の光熱費(電気+ガス)は25,000円/月くらい。
夏は8,000円/月くらいとのことでした。都市ガスエリアというのもありますが、それにしても安い・・・

安さの秘訣としては、寝るときはエコジョーズのタイマー機能を使ったり、冬場の電気代が抑えられるコレモという機器設備を入れていることがポイントだそうです。

 

 

 

DSCF9484_R_R

階段下に設けたカウンターには、ミシンやパソコンなどを置くスペースとして活用しています。「実際に使うときは広いダイニングにミシンを持ってきて作業をしています」とのこと。

 

 

 

DSCF9450_R_R

「キッチン収納の中身はどうなっているんですか?」というお客様からの要望にも快く中身を見せてくれました。「QUAREA№.01のキッチン背面収納は、他のプランよりも幅が狭めなので、トールタイプの収納棚をつけました。可動棚で高さを変えられるので便利です。もっと使いやすく収納できるよう、色々試行錯誤中です(笑)」

 

 

 

DSCF9461_R_R

ご主人様同士で話し合うシーンも。同じ男性・父親としての視点も参考にしたいところですよね。

 

 

 

DSCF9482_R_R

イベントの空き時間に娘さんと遊ぶ奥様。明るいリビングに、穏やかな時間が流れていました。

 

 

 

DSCF9486_R_R

DSCF9493_R_R

庭の家庭菜園スペースで夏野菜を収穫していました。美味しそうなトマト・なす・きゅうりなど・・・「野菜の収穫中に娘が裸足で遊べるように、人工芝を敷きました。」

 

今回のような見学会で、”知らない人の家にお邪魔する”というのは少し緊張するものです。しかしオーナー様が明るく気さくにお話ししていただいたおかげで、お客様の緊張も解け、見学会ではとても良い空気が流れていました。オーナー様、ご協力ありがとうございました!

 

 

 

 


2組目 : お気に入りの家具が映える2階リビングのお宅


 

2組目のオーナー様宅は昨年末に建てられた2階リビングの家。当初、規格住宅のQUAREAか注文住宅のLUXEかで悩まれていました。最終的には、自分達の叶えたい要望をカタチにしていく注文住宅でご建築されました。こちらのオーナー様ご家族も笑顔で迎えてくださり、終始和やかな雰囲気に包まれていました。

 

 

 

DSCF9503_R_R

外観はチャコールグレー(この日のように晴れた日はやや青みがかって見えるグレー)のガルバリウム鋼板と、玄関ポーチを隠すように木の羽目板貼りを採用。家の大きさは延床32坪とややコンパクトですが、横長の建て方と高い羽目板の効果で、数字よりも大きく見えます。

 

 

DSCF9507_R_R

家の奥には物置を設置。人工芝とタイルはご主人様自身で敷かれたそうです。(とても綺麗・・・!)

 

 

 

DSC_0083

 

Processed with VSCO with f2 preset

こちらはLDKのお引渡し前とお引渡し後の写真です。(2枚目は携帯撮影のため画質が異なります)
もともとお持ちの家具が映えるように床やキッチンなどを選んだため、オーナー様の”らしさ”が現れている素敵なお家になりました。

 

 

DSCF9515_R_R

オーナー感謝祭2017のDIYで作った木琴を奏でる息子くん。大きな窓から入る光があたたかかったです。

 

 

 

DSCF9524_R_R

床材はカバの無垢材を塗装したもの。もともとお持ちのunicoの家具の雰囲気と合うように選ばれていました。カバ材は様々な樹木の中でも柔らかい足ざわりで、裸足で過ごすのが気持ちよさそう。

ちなみにこちらのお宅では、冬の一番高い時期の光熱費(電気+ガス)は27,000円/月くらい。
夏は10,000円/月くらいとのことでした。安い!(LPガスエリア)

 

 

DSCF9522_R_R

「気に入っているポイントはキッチンとうしろの棚です」と仰る奥様。ステンレス天板のオープンキッチンと、その後ろには同じくステンレス天板の造作収納棚。扉を木にすることで温かみが生まれ、ステンレスとの相性もばっちりです。

 

 

 

DSCF9547_R_R

今回も快く収納の中身を見せてくださいました。「子どもが小さいうちは、開けると危険なのでドアガードをつけています」※一つ上の写真参照

 

 

 

DSCF9539_R_R

2階のリビングは解放感があり、皆さん「広~い!」と仰っていました。

お客様:「この天井にある黒い棒は何ですか?」
オーナー様:「ぶら下がりバー的な奴です。見学会でこれを使っている家を見て、”欲しい!”と思ってつけてもらっちゃいました(笑)よくぶらさがって筋トレをしています。息子も・・・」

 

するとご主人様、息子くんを抱っこして・・・

 

 

 

DSCF9544_R_R

全員:「おぉぉぉぉ~~~~!!!!(歓声)」

 

 

DSCF9546_R_R

ナイスキャッチ!

パチパチパチパチ・・・・!(拍手)

サービス精神旺盛なオーナー様ご家族のおかげで、その場にいた人達全員が笑顔になっていました。オーナー様、ご協力いただきありがとうございました!

 

 

 


ホンネが聞ける見学会 -オーナー宅見学会- は今後も開催する予定です


 

その後の暮らしが見学でき、そこに住むオーナー様からお話も聞ける「ホンネが聞ける見学会」。2回目となる今回も大好評で、不定期ではありますが、今後も引き続き開催していく予定です。1回目の記事でも書きましたが、自宅を公開していただいているオーナー様、ご見学されたお客様、そしてスタッフの全員が楽しそうな表情だったのが印象的です。「ここは気に入っているポイントです」「ここはこうすればもっと良かったかも」など ”住んでみてからの実際の感想” が聞けるのでとても参考になったという声を多くいただきました。さらに、「オーナー様とスタッフの信頼関係・仲の良さ」を感じたという声も多くありました。百聞は一見に如かずといいますが、まさにその通り。今回参加できなかった方も、次の機会にはぜひ参加してみてください。

ご協力いただいたオーナー様、本当にありがとうございました。

 

<協力:オーナー様、見学者様  取材:長嶋>