Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【空間の印象を大きく変える、小さな要素】巾木(はばき)

【空間の印象を大きく変える、小さな要素】巾木(はばき)

家の印象を大きく変える要素のひとつ 巾木(はばき) についてご紹介します。

 


北王ではアルミアングルをつかった巾木を標準仕様にしています


 

壁と床の間にある、仕上げ材のことを巾木(はばき)といいます。この部分に注目していろいろな建物を見てみると、いろいろなバリエーションがあることがわかります。例えば、一般的にこんな感じのところが多いでしょうか↓

DSCF3033_R
<ソフト巾木:塩ビ製のものが多いです。画像はだいぶ汚れた状態>

それに対して、北王の家では下の画像のように納めることが多いです。

DSCF9696_R
<アルミアングルを使った北王の標準仕様>


印象がだいぶ違うと思いませんか?

 


巾木の効果


 

そもそも、巾木は何故つけているのでしょうか。効果は大きく2点です。

 

①壁の保護になる

例えば、家の中にはこういった角になる壁が出てきます。こういった所に「掃除機ぶつけそう…」など思う人はいませんか?巾木はこういった箇所の保護になります。例えば壁紙とソフト巾木を比較すると、衝撃や摩擦にはやはりソフト巾木のほうが勝ると思います。

DSCF9699_R

ただ、壁紙(ビニールクロス)もそんなに弱いものではありませんし、汚れるという意味では同じです。また破れたりしてしまったとして、補修などはそんなに難しいことではありません。

 

②施工性がよくなる

巾木は壁紙を貼ったあとに、上から被せるようにつけます。よって、壁と床との境目のところが、すこしくらい雑な仕上げになっても巾木で隠せてしまえます。また、壁紙が貼られている石膏ボードは、通常床から少し離して設置されます。ビッタリだと壁が作りづらいですし、木造住宅なので少しの動きがあった場合に壁が曲がったりしてしまいます。巾木が緩衝剤になることで、そういったことを防止する役割もあります。

DSCF0466_R

逆に、北王標準のアルミアングルでの巾木は、はっきりいって施工が面倒です。壁紙もきれいに仕上げなくてはいけないので、職人さんは当初嫌がりました(笑) なので、これを標準仕様にしている建築会社は非常に少ないです。やりかたに慣れていないと施工不良の元にもなりかねません。

巾木には種類もいろいろあります。冒頭でもご紹介した樹脂製のものや、木製のもの。金属でつくる場合もあります。また、既製品のものが多いですが、その物件にあわせてオーダーメイドする場合もあります。

 


アルミアングルを使った巾木はスッキリとした印象に仕上がります


北王標準の納め方だと、壁の保護にはならない、そして施工性も悪い(丁寧に仕上げる必要があるので面倒くさい) なのに、なぜそれを標準仕様にしているのか?

廊下_R

それは「スッキリした印象になるから」という理由です。例えば冒頭でご紹介した「ソフト巾木」と「アルミアングルによる巾木」を比較した場合、後者にスッキリとした印象を持った方が多いのではないでしょうか。

北王では「機能的で、美しいデザイン」という家づくりのコンセプトがあるのですが、この巾木の差によるスッキリさは「美しいデザイン」のひとつと考えているため、採用することが多いです。(もちろん木製の巾木を使う場合もあります。全体的にナチュラルな印象にしたい場合は、そのほうが雰囲気が出ます)

いずれにせよ、巾木ひとつでも印象は大きくかわります。北王が大切にしている「細部で印象が変わる」ということの典型といえますね。

キッ チン_R