Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【東区・本町の家】 オープンハウス イベントレポート

【東区・本町の家】 オープンハウス イベントレポート

2018年7月に開催した、注文住宅-LUXE-【リュクス】 東区・本町の家 オープンハウス。今回も事前の見学ご予約でいっぱいとなる盛況ぶりでした。当日の様子を交えながら、このお宅のご紹介をしていきます。

 

 

場所は東区・本町。古くから雁来などの東方面へ向かう際の要衝となっていたエリアです。「碁盤の目」が基本の札幌において、古くから使われてきた斜めに通る道が見られるなど、歴史の面影を感じさせるのも魅力的なエリア。このお宅は優しい色合いのガルバリウム鋼板と、ポーチまわりの天然木の羽目板がそういった街並みにスッと溶け込むような、そんな佇まいが印象的なお宅でした。

 

<リビング。大きな窓から明るい光が入る>

実はこのお宅のオーナーは、昨年11月に開催されたオープンハウス(リンク先でその様子をご紹介)に参加いただき、「すごく共感しました。ここと同じような考え方で家を建てたいです」というご要望で家づくりを進めた方

 

<リビングの窓に、隣地の樹木が綺麗に映る>

そして、見つかった土地の条件は方角や周囲の環境など、偶然にも当時のオープンハウスのお宅と非常に条件が似ていました。結果、同じような設計プランが最適だったということで、ちょっと運命的な感じがします。

 

<階段+吹き抜けの下はフリースペース的な使い方ができる>

「程よいコンパクト感(延床32坪程度)」ながら、吹き抜けや窓の配置による明るさと、周囲の緑が視界に入る気持ちよさが両立されています。

 

<リビングからダイニング・キッチンを見る>

 

<キッチン背面のオーダーメイド収納+窓の上には飾り棚(当日撮影)>

もちろん、こちらのオーナーならではこだわりもモリモリです。それはオーダーメイド収納などから垣間見えます。

 

見学された方は、「どのように考えてこの高さや奥行きに設定したのか」など、細かい成り立ちに興味を持たれていました。当日は担当設計士の太田も現地に待機。「ここはこういう理由でこうした」といった設計意図が直接聞けることで、また違った視点で見学できる、と評判でした。

 

階段下を利用した1F手洗いスペース。「階段はちょうど邪魔にならない高さになるよう検証済みです」(設計:太田) メインの洗面スペースやお風呂は2Fにあります。

 

また、見学された方の注目を集めたのは、階段の笠木(壁の上端にある木)部分。なぜかというと…

 

木の部分と壁の間にある隙間。これによって手が掛かりやすくなるので手すり替わりとなります。わたしたちが心がけている「機能的、かつ美しい」家づくりの、設計士・太田なりの表現。こういった細かいところの工夫に共感いただく方が多く、とっても嬉しくなりました。

 

階段下は収納としても活用。ここの扉は目立たせてもしょうがないので、壁に馴染む色と形状にしています。

 

吹き抜けからリビングを見下ろす。当日は澪工房・酒井さんもお手伝いに来てくれました。置いてある家具は、こちらのオーナー様が澪工房さんで購入されたものを、先行で置かせていただきました。

 

空いた時間で、酒井さん(画像左)から営業スタッフへ家具のレクチャー(笑) 細かいこだわりが多いという点で、北王の家とも共通点が多い家具。勉強になります。

 

1Fトイレ、入り口の様子。オーダーメイドの建具(引き戸)が階段なりに斜めに見えるのが面白い。良い意味で存在感が無いので、「あ、ここに引き戸があったんですね」という方が多かったです。

 

2F、メインの洗面スペース。大きな一面鏡とタイルが印象的です。左側には壁面を利用したニッチ収納になっています。

 

 

玄関からリビングを見る。床はサクラの無垢材。どこか心を穏やかにするような、優しい色合いを放ちます。奥に向かってスッと延びる様が気持ちよい印象でした。

今回も大盛況だった【東区・本町の家】オープンハウス。お越しいただいた皆様、そして何よりお引渡し前に貴重な機会をいただいたオーナー様、本当にありがとうございました!