Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【気が付いたら、ワクワクしている】北28条の家 オープンハウス レポート

【気が付いたら、ワクワクしている】北28条の家 オープンハウス レポート

2018年11月初旬に開催した、注文住宅-LUXE-【リュクス】北28条の家オープンハウスの様子をレポートします。

 

『エルムの森公園』からほど近いこのエリアは、利便性と良好な環境がつくる雰囲気によって非常に人気が高いエリア。工事中はまだ色づき始めくらいだった街路樹も、オープンハウス当日はいい具合に染まっていました。

 

そんな環境の中にある、敷地面積45坪程度の角地。斜めにカットされた外壁が印象的なお宅です。特徴的な形状ながら、白いガルバリウム鋼板が優しく、周辺の環境に溶け込んでいる印象でした。

 

ポッカリと穴が開けられたようなポーチ部分は、建物一体のカーポートとして使うことができます。また、左奥に見える中庭にはシンボルツリーが植えられています。秋は紅葉が楽しめ、春には白い可憐な花が咲くシャラの木。

 

シンボルツリーの上部は開口しており、その成長が2Fにも影響する仕掛け。この中庭はちょうど家の中心にあたる部分で、家に包まれ見守られるような配置。植栽も家族の一員のような、一体感を感じるような、そんな気分。降り注ぐ光がとても綺麗でした。

 

2Fダイニング・キッチン。2列型のオープンキッチンが印象的。決して主張しすぎない壁一面のタイルが、しっかりと空間の質を上げている感じがしました。床はナラの無垢材。今回も家具は澪工房さんからお借りしました。

 

 

2Fリビングからバルコニーを見る。据えられたウッドデッキはちょうどベンチとして利用できる高さで製作。斜めにカットされた外壁は、「周囲の視線をほどよく遮りながらも、採光性を損なわない。雪捨ても可能」という機能をもっています。

 

 

まさに「家の一部」といえるバルコニーを見て、「これはたまりませんね、欲しい」「ここでビール飲みたいですね」と、だれもが楽しい時間をイメージされていました。

 

 

シンボルツリーの上部が開口を通じて見える。「周囲に何もなく、木が1本だけ見えるような草原とか雪原。オーナーはそういったイメージに共感される方でした。ここは都市部ですが、対話を重ねながら、そんな光景を連想できるような設計を目指しました」担当設計:太田。 

このお宅の設計コンセプトともいえるストーリー。より詳しく紹介しているのが → 太田のブログ『心地の良い居場所』

 

2F洗面・洗濯スペース。ここからもバルコニーへ直接アクセスできます。

 

 

当日は、寒くもなく暑くもない、本当いちばん過ごしやすい気候でした。それもあり、皆さんこのバルコニーに滞在する時間がすごく長かったです(笑)

 

当日は設計担当:太田も終日会場に居ました。

 

この家を担当した設計士から、「こうなった理由を直接聞ける」のは、皆さんかなり参考にしていただけた様子。たとえば…

 

2Fリビングへ続く白いスチール階段。「階段の1段目の変わった形状は、生活動線を考慮して回り込んで上りやすくするためです。手すり形状も同じ配慮からこのデザインにしました。あと、画像左に写る茶色の部分は、子供室の仕切りとなる2枚の引き戸ですが…」担当設計:太田。 

 

子供室の中から見た状態だとこのような感じ。中央に壁をつくれば2つの子供室にすることもできます。これを開けると…

 

このような感じ。ホールと子供室の境界が曖昧となり、つながりのある1つの大きな空間となります。「子供室は1つ4.5帖とあまり大きく取りませんでしたが、こうすることで中庭を感じながら広々と遊んでくれたらいいなという意図です」設計担当:太田

 

画像だけではその意図がわかりづらいかもしれませんが、実際にご覧になられた方は「ああ、確かに。なんか、よくわかります。ここで遊んだら気分良さそうですね」ザックリいうと皆さんこんな感想をお持ちでした!

 

また、当日は10月から北王が札幌でオフィシャルショップを運営することになった、Kartell(カルテル)のアイテムもいくつか置きました。

 

平らな石を思わせるような食器『ナマステ』や…

 

発売から50年!!の名作収納「コンポニビリ」や、持ち運び可能なLED照明「ランタン」など。どのアイテムも空間に馴染んでいました。「美しく、機能的」を目指している北王の家は基本シンプル。だから、幅広いテイストの家具や雑貨を受け入れる許容力があると自負しています。

 

 

夜のカット。カーテンが不要なこのお宅。室内の灯りがバルコニーを照らし、シンボルツリーの影が壁に映る。このお宅だけの美しい風景が広がっていました。

オーナー様と設計士が対話を重ね、明確な意図に基づいて設計されたお宅。見学された方の表情を見ていても、瞬間瞬間が単純に楽しそうで、総じて良い時間を過ごしていただいた様子でした。今回、ご紹介するにあたり【気が付いたら、ワクワクしている】というコピーを使わせていただいていましたが、まさにその通り。手前味噌ながらいいコピーだったなぁと感じております(笑)

見学いただいた皆様、そして何よりもお引渡し前の貴重なご自宅を提供いただいたオーナー様、本当にありがとうございました。