Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【社内スタッフが住んでみたい家は?】北王サロン vol2 開催レポート(札幌支店)

【社内スタッフが住んでみたい家は?】北王サロン vol2 開催レポート(札幌支店)

北王の社内トークイベント”HOKUO SALON(北王サロン)”vol2を、昨年末12月27日(木)17:00から開催しました。「よくわからないところもあるけど、なんとなく面白かった」という感想が多かったvol:1に続いてvol:2の開催。北王らしく2018年を振り返るために、「2018年に開催したオープンハウスを振り返る」ことにしました。 【北王サロンvol:1の開催レポートはこちら】

 


2018年は13棟でオープンハウスを開催!

 

2018年は実に13棟のお宅でオープンハウスを開催!! そもそもオープンハウスとは….

 

オープンハウス(完成見学会)って?

北王で建築いただいたオーナーのお宅を検討中のみなさんに見ていただくイベント。オーナーの趣味嗜好を感じ、その要望が設計にどう表現されているのか体感できる時間。唯一無二だからすごく面白い。オーナーへのお引渡し前、限られた日程での開催ということもあり、事前の予約で埋まってしまうくらい人気があります。

 

オーナーのご協力が無くてはあり得ないイベント、それがオープンハウスです。改めてオーナーの皆様に、社員一同感謝感謝です。

 


社内スタッフの【自分が住んでみたい家】は?

さて、今回はそんなオープンハウスを振り返り、2019年に活かすべく、社内スタッフ22名(札幌支店・新築)に対して、「オープンハウスを開催した家で、自分が住んでみたい家は?」という内容で事前にコメントを集めました。そして1月から11月までオープンハウスを開催した順番に、13棟すべてを振り返っていきました。印象的なコメントとともに紹介していきます。

 

2018年1月開催 江別の家

「家の中の雰囲気や色が好み。そして何より自分も愛犬家なので、犬や猫の事が考えられてて良かったです」

野口 真奈美【設計課】
 

イベントレポート ⇒【猫と犬と人が暮らす家】オープンハウスレポート

 

 

2018年2月開催 澄川通の家

「ガラスと照明がいい雰囲気。まだ機会が無く、実際に見学したわけではないのですが、空間を体感してみたいですね」

本間 朋治【カスタマーサービス係】

イベントレポート ⇒【たとえば一枚のガラスが、永い嬉しさにつながる】オープンハウス レポート 澄川通の家

 

冒頭、営業リーダーの藤原からオープンハウスの目的や価値についてプレゼン。

 

2018年3月上旬開催 畳リビングの家

「写真をみてすごく開放感があるように感じました。自分の日々の暮らしを振り返ってみると、畳リビングでちょっと高くなっているのも生活スタイルに合っていて魅力的でした」

玉川 博之【総務課】

イベントレポート ⇒【くつろぎを考えたら畳でした】清田の家 オープンハウスレポート

 

 

2018年3月下旬開催 界川の家

「商材、間取りなんかワクワク感があり気分が上がりました。ここに住んでいると、何かやる気が出る。それも住まいの大切な役割の一つですよね」

馬場 貴浩【統括支店長】

イベントレポート ⇒【札幌の街を一望できる】界川の家 オープンハウスレポート

 
 

各スタッフのコメントは、改めてその場で話してもらうスタイルにしました。あまり喋りが得意でないスタッフ(笑)からも、素直な意見が聞けたことで、単純に面白く興味深い時間になりました。

 

2018年6月開催 橋がある家


「2階ホール部分の抜けている感じが気持ちが良かったです。設計者の太田さんと一緒に見学したのですが、設計意図を聞きながらの見学ツアー(笑)みたいな感じで、すごく楽しくて参考になりました」

佐々木 美帆【設計課】

イベントレポート ⇒【橋がある家】オープンハウス イベントレポート

 

 

全スタッフから寄せられる屈託ない感想に、参加したメンバーは笑いを交えながら聞き入っていました。

 

2018年7月開催 東区 本町の家


「実際に見学はさせていただいていないのですが、レポートの画像を見て素直に住んでみたいと思いました」

新里 木綿子【総務課】

イベントレポート ⇒【東区・本町の家】 オープンハウス イベントレポート

 

 

2018年8月中旬開催 発寒南の家

「工事担当として深く関わりましたが、まずリビングの高い天井が好きです。ご主人の書斎があったり、ほどよい大きさの和室や十分な収納スペースがあることも魅力です。憧れですね(笑)」

中谷 佳晴【工事課】

イベントレポート ⇒【美しく、機能的であること】発寒南の家 オープンハウス レポート

 

 

2018年8月下旬開催 前田の家

「リビングつながりの和室やウッドデッキ。庭で子供たちが遊んでいる姿を見たり、みんなでBBQをするのが理想で、間取りや敷地条件が魅力的ですね。今、私も戸建てを計画中(笑)なので参考にさせていただきます」

栗山 裕也【営業課】

イベントレポート ⇒【積み重なる、小さな工夫】手稲区 前田の家 オープンハウス レポート

 

 

2018年9月開催 稲穂の家

「営業担当として関わったこともあり、よくこのお宅のことは把握しています。その上で現実的に自分が住むとしたらちょうどいいサイズ感だと感じています。もちろん景観も魅力です。ただ、自分の背が高いこともあり、強いて言うならば天井を高くしたいです(笑)」

斎藤 卓也【営業課】

イベントレポート ⇒【窓から、石狩湾を望む】手稲 稲穂の家 オープンハウス レポート

 

 

2018年10月開催 山の手の家

「オープンハウス時のある夜、19時ころから1時間ほど滞在する必要があり、2Fの書斎で過ごしていました。そこで感じる川の気配を含んだ秋の空気がとっても心地良かったです。書斎ってやっぱり魅力的だなぁと思いました」

五十嵐 雄生【マーケティング室】

イベントレポート ⇒ 【琴似発寒川に沿う、角地の家】オープンハウス レポート

 
 

 

2018年11月上旬開催 北28条の家

「自然を間近に感じられて素敵。随所に細かい設計上の配慮も見られて、面白かったです」

 加賀 亘【設計デザイン室】

「バルコニーが気持ちよさそうで、コンパクトなサイズ感も魅力」

 三浦 麻愉子【設計デザイン室】

イベントレポート ⇒ 【気が付いたら、ワクワクしている】北28条の家 オープンハウス レポート

 

 

2018年11月中旬開催 山が見える家


「2階リビングの程よい解放感。そこでいて、敷地の広さの割に外との関係があまりなく良い意味での閉塞感が心地よいです」

安達 みゆき【設計課】

イベントレポート ⇒ 山が見える家 オープンハウスレポート

 

2018年11月下旬開催 東雁来の家


「とても住みやすそうなプランだと思いました。空間をつくるいろいろな要素が、ちょうど良い大きさで実現されていて、自分たち家族が住むならこんなプランが良いだろうなという感想です」

加藤 秀晃 

イベントレポート ⇒ 【嬉しい変化を、生む仕掛け】東雁来の家 オープンハウスレポート

 


2019年、更に価値あるオープンハウスを開催していきたいです

今回のSALONのように、完成した住まいについて、スタッフ全員の意見や気づきを共有する機会は少なかったので、全員がよりユーザー目線に立つための良いキッカケにできればと思います。

最後、2019年1月に早速開催するオープンハウス【西野の冬は、こんなに美しい】西野7条の家 について、営業担当の後藤からそのポイントを話してもらいました。

2019年も全スタッフの知恵を集めて活かし、より価値のあるオープンハウスを開催していきたいと思います!