Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【設計って、魔法のように思えるときがある】西区 宮の沢の家 オープンハウスレポート

【設計って、魔法のように思えるときがある】西区 宮の沢の家 オープンハウスレポート

 


8月下旬、2日間限定で開催した、西区・宮の沢の家 オープンハウスをレポートします。今回も大変たくさんの方にご見学いただきました!

 

<当日の様子。ダイジェスト・スライド>

 

場所は地下鉄駅から徒歩圏で、面積:約43.8坪、道路に面した幅(間口)は6.9mという比較的コンパクトな敷地でした。「周辺は密集した住宅地ながらも、一方に手稲山が望め、もう一方には建物が無く視覚的な抜け感がある環境でした。その環境を活かし、且つオーナーが希望する解放感を実現することが、基本的な設計方針でした」(設計担当:太田)

 

左画像:外観。片側に勾配がついた屋根が印象的。 右画像:玄関ポーチ。通路の両サイドには天然木の羽目板が貼られています。

 

玄関を入ると、眼前にはオープン階段。ブラック・ウォルナット(くるみ科)の床と、階段のスチールとの相性が良く、玄関ホールにちょっとした特別感をもたらしているなぁと感じました。

 

2Fの様子。この家に施された設計上のアイデアがわかりやすい一枚だと思います。右側の仕切り壁の中は洗面やお風呂など水回りがまとめられています。勾配天井によって高さを出すことで、仕切り壁は天井まで延ばさずとも十分な高さを確保でき、且つ高い位置の窓から採光を取ることができます。結果的に、そこまで広くない横幅でも解放感のある空間が実現できています。

手前味噌ですが、なんというか、住宅設計による良い結果を垣間見たときって、魔法みたいに思える時があるんですよね。だから楽しい。

 

ダイニング、コーナーに配置された窓。お隣さんにある、立派な松の木を切り取る借景。壁一面には長いカウンターデスクが備え付けられています。

 

見学された方は一様に、ダイニングから見える景色をゆっくりと楽しんでいる様子でした。本当、ほとんどの方が立ち止まったり、椅子に座ったりして、眺めていましたね。

 

左画像:リビングからダイニング方向を見る。中間位に位置する階段は、リビングとダイニングの2つを程よく分ける役割も果たしています。 右画像:ダイニングの様子。

 

 

コンロを壁側に、シンクを手前側に置いた2列型のキッチン。すぐ隣にはパントリー(食品庫)を配置したこともあり、大きな収納力があるキッチンまわりだと思います。

 

 

ダイニングからリビング方向を見る。左側に洗面や洗濯スペース、お風呂など水回りがまとめられています。

 

洗面スペース。大きな一面鏡と、天井から降る光が好評でした。

 

左画像:リビングスペース。一角には畳が敷かれてあり、いわゆる「地べた生活」の質を高めています。多くの方が「ちょっと畳があるって、いいですよね~」と感想を漏らしていました。  右側:部屋の一角にある書斎スペース。程よい「籠り感」があって、過ごしやすそう。

 

当日はオーナーも見学(?)してくれました。まだ実感がない部分も有るとのことでしたが、家具を設置したイメージがついてよかったとのお話でした。

 

左画像:1F玄関ホールの壁面には大容量のシューズボックスが埋め込まれています。 右画像:1Fには各居室のほか、家族で使えるファミリークローゼットが配置されています。

今回も、開催前に事前の予約が埋まってしまうくらい、多くの方に見学いただきました。ご見学いただいた方、そして何よりもお引渡し前のご自宅を提供いただいたオーナー様、本当にありがとうございました!