Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【高まる、暮らしのイメージ】西岡の家 オープンハウスレポート

【高まる、暮らしのイメージ】西岡の家 オープンハウスレポート

 


<当日の様子。ダイジェスト・スライド>


豊平区・西岡の家で開催した、オープンハウス をレポートします。大変たくさんの見学予約をいただき、開催の数日前から満席になるほどの盛況ぶりでした。開催期間の前後に撮影した画像をもとにご紹介していきます。

 

現地周辺の画像。月寒・西岡エリアは起伏ある地形が多いのが特徴の一つです。坂が多いことをマイナスに捉える方もいますが、個人的にはその起伏によって生まれる上下のリズムが、魅力ある景観につながることが多いと感じています。

この周辺もまさにそういった趣があり、このエリアならではの空気が流れていることを感じて、すこし嬉しくなりました。

 

<画像は後日、建築実例用に撮影したもの>

そんなエリアの約38坪の敷地に建つ今回のお宅。前面に貼られた杉の羽目板は、良い意味ですでに数年経ったかのような風合いで、周囲の街並みにすでに馴染んでいる印象でした。

 

オープンハウス当日は生憎の雪模様で、残念ながら外構工事の仕上がりはわかりづらい状況でした。実は、雪の下には枕木をつかったアプローチ・ステップと花壇がつくってあり、敷地を含めてこの「お宅らしさ」のようなものが出ていました。

 

玄関ドアを開けると、大きな土間、2Fまで続く木の壁、スケルトン階段が視界に入ってきます。この光景はやはりガッと心が上がるというか、「おおっ!」となる方が多い印象でした。大きな正方形でつくられた階段の1段目は、支えとなるスチール部分を木の壁側から出すことで、正面から見た時に浮いているように見せることを狙っています。

 

ちょっとしつこく階段部分を見ていきます。土間部分は炭を調合したモルタル仕上げとなっていて、黒味が強い色調となっています。その空間にもよりますが、黒味が強くなることでキュッと空間が引き締められ、メリハリついた印象になります。

 

さらに階段まわり。左画像:光であふれる2Fリビングを感じながら階段を登る。明るいほうに向かうって気持ちを前向きにさせる効果があると思います。 右画像:木の壁はこのように2Fまで続いていて、1Fと2Fを視覚的につなぐ効果を発揮しています。

 

階段まわり、最後。1Fから延びる手すり横桟と、2Fの手すり横桟と連結する部分は、床からトップレールまでほぼ均等になるような割り付け。スチール手すりは見た目の部分だけ取っても「支柱の割り付け、横桟の割り付け、形状・厚み、曲げの角度、塗装の色味・艶」の検討が必要です。そして「強度、機能、使い勝手」は当たり前に満たす必要があります。

 

1F納戸は断熱性が高いテラス窓で仕切られています。1.5帖あるその空間は、開けると外気と同じ条件になるよう作られていて、漬物づくりや物置かわりに使うことを想定しています。見学された方は「こういうこともできるのね」「漬物、いいなぁ…」といった感想を持たれていました。

 

<後日、建築実例用に撮影>

2F、リビングからキッチン方向を見る。視界には「木の壁(中に入れそう?)」「木+ステンのキッチン」「キッチン一体のテーブル」……

 

……「ちょっと下がってるリビング」「すごく手が込んでる感じのオーダー収納」などなど、2Fにあがっても気になることがたくさん。

 

見学された方も同じだったようで、月並な言い方ですが「こだわりの見どころ盛沢山」といった様子でした。

 

撮影者、個人的な感想を言わせてもらえば、ごく自然に"自分がこの家で暮らすイメージ"が見えてきてすごく楽しかったです。「パントリーの3段目はターメリック、クミン、マスタードシード、コリアンダー…などなどカレー・スパイスコーナーにするな」とか、そんなすごく具体的なことをイメージさせていただきました。ごく自然に。

 

そして画像奥に見える「木の箱」のようなところ……

 

ここにはこのようにポッカリと穴が開けられていて、屈んで中に入ると……

 

左画像のように、備え付けの本棚がある小さな篭りスペースになっています。天井には天蓋のように布が張られ、優しい光が入る曖昧な仕切り具合が、このスペースの魅力を高めているようでした。個人的な感想ばかりで申し訳ありませんが、ここでソロー「森の生活」を読んで、よくわからない気分になってみたいなぁと思いました。暮らしのイメージは最高潮を迎えました。

 

見学された方も、自分だったらどういう過ごし方をするだろう」にイメージを膨らませていた様子でした。

 

細かい部分を見ても「いろいろとやり込んでるなぁ….」を感じるポイントがたくさんでした。

 

 

今回のオープンハウスは2019年最後の開催となりました。改めて、お引渡し前の貴重な期間を提供いただいたオーナー様、見学いただいたたくさんの方々、本当にありがとうございました。2020年も早速1月からオープンハウスを開催予定です。お楽しみにお待ちください!