Menu

Knot webウェブマガジン ノットウェブ

西野の家 オープンハウスレポート

西野の家 オープンハウスレポート


西区・西野の家で開催した、オープンハウス をレポートします。今回はオーナーのご厚意もあり2週に渡り開催させていただきました。合計で50組を超えるたくさんの方にご覧いただきましたが、予約制で2週に渡る公開だったこともあり「ゆっくりとした雰囲気の中で落ち着いて見学できた」という感想をいただきました。

 


<当日の様子。ダイジェスト・スライド>

 

約66坪の余裕ある敷地に建つ今回のお宅。白い外壁は冬の札幌によく似合います。

 

左画像:玄関ドアを開けて室内を見る。左側の壁一面はシューズボックスになっています。「これはかなりの収納量だね」という声が多かったですね。突き当りには水回りがまとめられていて、玄関とつながっています。

右画像:シューズボックスの上に設置された窓からは、西野ならではの山の風景が綺麗に切り取られていました。

 

1F、リビングからダイニング・キッチンを見る。

 

撮影日は雪もチラつく天候でしたが、時折り、リビングの大きな窓から射す陽が床に広がる時間がありました。見学された方からは「うわっ、広くてすごく明るい」という声が多く聞かれました。

 

期間中は生花をディスプレイ。「こうやって置くと素敵….」などディスプレイも楽しんでいただいた様子でした。

 

<画像、澪工房の酒井さん>

今回もダイニングセットやソファは「澪工房」(みおこうぼう)さんにお借りしました。最近、webサイトがリニューアルされ、その冒頭に「いい家具はいい空間をつくる、いい空間はいい暮らしをつくる、いい暮らしにはいい家具が似合う」というコピーが記されているのですが、本当、共感する言葉です。

 

開催の直前まで調整が続けられていたTVボードも備え付けられました。空間に合うサイズ感と色味を検討した上で製作されています。

 

キッチンにも一面に造作収納が備え付けてあります。引き出しや扉付き、スライドテーブルをつけるなど、使い方想定していろいろな形状で製作可能です。

 

こうした造作工事に関心を持つ方は非常に多く、「どのような過程を経てこのようになったのか」を確認されている方もいました。

 

ダイニングからリビング方向を見る。バーチカル・ブラインド越しに入る光のラインがとても綺麗でした。

 

洗面スペース。大きな一面鏡と広いカウンタースペースが確保されていて「すごく使いやすそう…。そして、とりあえずどこ見てもオシャレ」と言っていた方が印象的でした。

 

洗面スペースの奥はランドリースペースになっています。それぞれが独立している様子を実際に見て、その使いやすさをイメージされている方が多かったです。

 

リビング一角に階段があり吹き抜けも兼ねたつくりになっているので、上下に多少の抜け感があります。スチール手すりは白く塗装されていて、全体的に明るめの印象が強くのこる内装でした。

 

左画像:2F、階段をのぼったところにあるホール。室内干しのスペースとして、また椅子などを置けばセカンドリビングのような使い方もできます。ブラインドの奥はバルコニーになっていて、外干しもできます。

右画像:2Fにある書斎。ホールに隣接しています。

今回のオープンハウスは2020年はじめての開催となりました。改めて、お引渡し前の貴重な期間を提供いただいたオーナー様、見学いただいたたくさんの方々、本当にありがとうございました。また、間もなく2月上旬もオープンハウスを開催します。お楽しみに!