Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【広々をつくる、その基本】西区・西野の家 オープンハウスレポート<注文住宅>

【広々をつくる、その基本】西区・西野の家 オープンハウスレポート<注文住宅>


2020年12月中旬、西区・西野に完成したお客様宅でオープンハウスを開催しました。残念ながら当日の取材ができなかったため、プロモーション時の画像でご紹介させていただきます。

 

常に一定の人気がある札幌市西区・西野エリア、その住宅地にある面積が約60坪の敷地に建つお宅です。画像ではわかりづらいかもしれませんが、道路の突き当り部分に敷地があるという変わった特徴を持つ敷地でした。玄関までに長いアプローチがあるようなイメージです。

 

外壁は金属サイディングをメインで採用し、玄関ポーチ部分だけ一部を白色系の塗り壁で仕上げられています。

 

1F・LDKの様子。フリースペースを含めて25帖程度の広さがある空間で、非常に広々とした印象でした。その印象を強くしている大きな理由のひとつが…….

 

敷地の裏面に対して設置された固定窓にあります。

 

敷地の裏面はちょうどひらけていて、視界は山まで抜けており…..

 

その景観を切り取るように設置された窓が、抜け感を強調してくれることで空間の広々した印象が増している気がしました。この敷地条件を生かした窓はたくさんの方に共感いただけたようです。

 

キッチンはフラット対面タイプ。天板がステンレス、壁面には突板(つきいた:本物の木材を薄くスライスしたものを貼りつけた板)を使った特注品でした。

突板は床材と同じくナラ材を採用していることもあり、木目や節目の雰囲気に統一感が出ていました。

 

リビング側はすべて扉付きの収納になっており、見学された方はこの収納量の多さにも共感いただいている様子でした。

 

キッチンからリビング方向を見る。木製のルーバーで仕切られた手前のスペースはいわゆるフリースぺースになっていて…..

 

大きな壁面収納がつくられています。また、リビングとの簡易的な間仕切りとして天井につけた凹みにロールスクリーンを設置する予定で、スクリーンをさげればリビングつながりのもう一部屋として利用できます。

 

木製ルーバーの上部には神棚用の板を造り付けています。

 

TVボードは造作したもので、ここもナラの突板で仕上げてあります。中央はプッシュ式で開閉可能な扉付きです。

 

玄関からLDKを見る。奥に向かって伸びる床材が奥行き感を強調しています。ここからのアングルは「いいですね!」という声をあげる方が多いようでした。

 

左画像:2.0帖の洗面スペースには玄関との間に室内スリット窓が設置されていて、灯りとり+空間の繋がりを感じる要素となっています。

右画像:3.0帖の洗濯脱衣室。あらかじめ物干しいパイプと収納棚が設置されています。

 

階段下には収納スペースをつくりました。扉は目立たずにスッキリした印象になるよう造作されたものです。今まで多くのお宅でこういった階段下収納をつくってきましたが、定番的に支持される部分ですね、やはり。

 

階段をのぼった先にある2Fホール。物干し用の天井金物がつけてあります。

 

 

<2F居室から見た、隣地の庭>

こちらのお宅でのオープンハウスが2020年最後の開催となりました。

コロナウイルスの状況が日に日に変わる札幌ですが、オーナー様の深いご理解のもと開催させていただきました。オーナー様をはじめ、ご来場いただいた皆様もマスク着用など感染拡大防止へのご協力をいただきありがとうございました。