Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【濃い目のクオリア】本場ヘルシンキのイメージをそのままに 北区・新川西「QUAREA.No1」モデルハウスレポート

【濃い目のクオリア】本場ヘルシンキのイメージをそのままに 北区・新川西「QUAREA.No1」モデルハウスレポート

札幌市北区・新川西で公開中の「QUAREA.No1」モデルハウス。今までのクオリアモデルとはちょっと違った雰囲気を感じます。そこで、今回のモデルハウスレポートでは内装のコーディネートに焦点を当ててご紹介したいと思います。

 

全体的に濃い目の色合いの今回のモデル。でも、よく見ると色のバランスが絶妙です。床や梁、家具には黒、焦げ茶を使っていますが、階段の踏み板にはナチュラルな木、キッチン背面の収納扉には鮮やかな青色。この絶妙な色のバランスがクラシカルすぎず、ナチュラルすぎない本場ヘルシンキの雰囲気を感じさせる新しいテイストになっています。

 

ヘルシンキのホテルをイメージしてつくられた洗面。普段あまり使われないアクセント強めのタイルも黒い額縁の鏡と合わせることで、引き締まった良い印象になりますね。

 

大理石・木を基調とした家具、ゴールドの照明は際立ったデザインで見た目も美しいです。

 

自然素材を使って作られたこちらの椅子。温かみのある雰囲気でどこかほっこりと安らぎを感じるデザインです。

 

一瞬、異色材?と思られる大柄のクロスやディスプレイ家具に使用されている真鍮素材も部屋全体のバランスをコントロールする良いアクセントの一つになっています。

 

規格プランのクオリアですが、実に自由度の高いプランとなっております。今回のモデルではそんなクオリアの多様性をたくさん感じていただけると思います。

最後に本場ヘルシンキの写真をどうぞ、、、

完全予約制での公開となります。クオリアの魅力を体感していただけると思いますよ。ご興味ある方は下記予約フォーム、またはお電話にてお気軽にご予約ください!

 

最近のモデルハウスの様子、現地の見学ご予約はこちらからお願いします