Knot webウェブマガジン ノットウェブ

LUXE 北野モデルハウス 設計士が話す4つのコンセプト

LUXE 北野モデルハウス 設計士が話す4つのコンセプト


POINT-1-4

4つのポイント

コロナウイルスによって暮らし方に変化が訪れる中、北野モデルでは今まで大切にしてきたさりげなく嬉しさをつくることへの、進化+チャレンジに取り組みました。

4つのポイントにわけてご紹介していきます。

 

完成前トレーラー動画・4つのポイント
(担当設計士の三浦が簡単にポイントを話しています!)

 

 

POINT-1

まわりにスッと、

溶け込むように

目の前にひろがる河川敷は周辺住民の憩いの場となっています。ランニングする人、ゴルフの素振りをする人などなど……。この風景にほどよく溶け込みながら、この環境を気軽に利用できるようになることは、おおきな嬉しさにつながると考えました。河川敷方向の抜け感を生かした建物配置、境界をほどよく曖昧にする塀や外構計画など、環境にほどよく溶け込む工夫を参考にしていただけると思います。

 

春には外構工事をしっかり行う予定で、庭や木製フェンスをつくる予定です。

 

 

POINT-2

近い未来が、

ちょっと楽しくなる

「このスペース、こんなことにも使えそうだなぁ…..」自然とそう感じさせる住まいは楽しそうです。

北野モデルには図書館のような本棚を挟み2つのワークスペースがあり、ごろごろしたユルめの過ごし方からカッチリした仕事時間まで無理なくカバーできます。また、2つある玄関ドアのひとつは用途を限定しない4帖の土間スペースに続きます。この半独立した空間は、趣味の延長として小さなSHOPやオフィスにも使えるかと思います。DIY用の作業スペースや、庭・アウトドア道具の収納スペースにもピッタリです。

住まいによって住む人が楽しいイメージを膨らませ、これからの可能性を少しでも大きくすることができれば嬉しいです。

 

 

 

POINT-3

材料は使い方次第、

ちょっとした知恵のようなもの

一般的にちょっと難がある材料でも、その使い方次第で輝かせることができると考えています。たとえば玄関ホールのカウンターには、穴の開いた節や黒っぽい木目がある木材が使われています。それらは「新品」のような輝きは薄い一方で、既に年数を経た味わいを感じさせます。高級すし店のカウンターなどには不向きだと思いますが、住宅においてはこちらのほうが馴染みやすいのではないでしょうか。求めやすい価格というメリットもあります。こういった私たちが持つ「知恵」のようなものを随所で感じていただけると思います。

 

 

 

POINT-4

さりげない工夫、

積み重ねると大きな効果

美しく・機能的な住まいは細かな配慮の積み重ねによって実現すると考えています。たとえば標準仕様の巾木なしの仕上げは、それ自体は細かなことですがスッキリとした印象をつくる重要な要素のひとつだと考えています。北野モデルでは優しい印象をつくるため各所に面を取る仕上げを施すなど、新たな工夫に取り組んでいます。

 

 

 

以上が4つのポイントです。ちょっと何言っているかわからない部分もあるかもしれませんが、少しでも共感いただけたなら嬉しいです!

 

最近のモデルハウスの様子、現地の見学ご予約はこちらからお願いします