Knot webウェブマガジン ノットウェブ

【しなやかに、すべて束ねる】西岡の家 オープンハウスレポート 注文住宅

【しなやかに、すべて束ねる】西岡の家 オープンハウスレポート 注文住宅

7月末、豊平区・西岡でオープンハウスを開催いたしました。札幌エリアでは久々の2日間限定でのオープンハウスということもあり、たくさんのお客様にご来場いただきました。

 

こちらのお宅、ウチ・ソトともに多種にわたる仕上げが施されていました。こういった場合に間違うとカオスな状況が生まれゴチャゴチャになるものですが、正反対ともいえる非常に洗練された印象のお宅でした。そういった細かな部分も交えながらご紹介させていただきます。

 

今回のお宅があるのは起伏ある地形が特徴の西岡エリア。だからこそ生まれるリズムある高低差が魅力的でした。

 

外壁は「小波(こなみ)」と呼ばれるガルバリウム鋼板を横葺き。上下に連なる細長い窓、テラスの開口、ガレージ……各要素のバランスがうまく取れているのでしょう、違和感のない落ち着く外観でした。

 

屋根付きのテラス。幅2.5m・高さ2.2mほどのとても大きなスライド窓によって、室内とテラスの連続性が生まれています。是非、体感していただきたい部分のひとつでした。斜め壁はレッドシダーの羽目板で仕上げられていました。

 

室内は1FにLDK+畳スペース+水回り+居室、2Fに居室や納戸がありました。画像は玄関ホールからリビング・キッチン方向を見た様子。

 

キッチン・ダイニングの様子。1FのLDKは1つの空間として30帖ほどある大空間となっていました。

 

ダイニングごしにリビング方向を見る。

 

キッチンに立ちリビング方向を見る。スケルトン階段、畳スペース、大きなスライド窓…。特徴モリモリでした。

 

階段スペースとダイニングの間に設置された特注の木製ルーバーは、程よい縦のピッチで光と視線を透過していました。

 

階段の奥には小上がりになった畳スペースがありました。

 

框を少し手前に出す+立ち上がりの部分は影を模して黒く仕上げていました。畳スペースに浮遊感を出し、空間に奥行きと広がりを出す工夫のひとつです。

 

キッチンまわりも、かなり手の込んだ仕様となっていました。

 

キッチン自体は全国から支持を集める「キッチンハウス」社製。全体的なフォルムと各部位の仕上げの美しさが感じられました。

 

キッチンの背面には約4.5mもの幅がある造作収納。カウンターはモルタルのような質感のモールテックス、収納は今や入手困難なクルミで仕上げてありました。「この雰囲気は注文住宅ならではですね」といった感想が多く聞かれました。

 

ダイニングの奥にある洗面スペースと洗濯脱衣室。それぞれが独立していて使いやすそうでした。

 

玄関。土間は炭入りのモルタル、天井は木毛セメント板で仕上げてあります。それぞれムラや表情は個性的ですが、楓の床材も含めて相性ピッタリだと感じました。奥は造作のシューズ・クローゼットがあり、ビルトインガレージにつながっていました。

 

ガレージ全景。後方にある棚にタイヤやアウトドア用品が置けるようになっていました。

 

 

<窓から見える藻岩山>

結構なボリュームの画像でご紹介しましたが、それでもまだ全然足りないくらい各所に工夫やこだわりがたくさんあるお宅でした。コロナウイルスの感染が増えている状況でしたが、オーナー様をはじめとした皆様のご理解の上で開催させていただきました。スタッフ一同、本当に感謝しております。ありがとうございました!