フローリングとアクセント壁紙の張替えで自分好みのテイストに

 

 

中古戸建てを、フローリングの重ね張り、壁紙の一部張替えでガラッと雰囲気が変わりました。

エレガントとはまた違った、エレガントヴィンテージの雰囲気を目指しました。

 

Before

 

After

壁付のブラケット照明は、インテリアショップRELIFE*でセレクト。

この電球を使うだけで、上部に明るさが広がり、間接照明のような柔らかい雰囲気になります。

『GENERAL BRACKET LAMP LONG 8,000円(税抜)・電球 6,300円(税抜)』

床にはオークの突き板フローリングをもともとのフローリングの上から重ね貼り。

 

Before

 

After

キッチンは、白いサブウェイタイル風に目地も黒く。

照明も雰囲気に合わせて、アイアンのブラケットをセレクトしました。

 

本当はキッチンやレンジフードを一度外してからの方がタイルの施工はしやすいのですが、

費用と工事日数の為、今回は熟練した腕をもつ大工さんにお願いしました!

まず既存のキッチンやレンジフードは外さずに、傷がつかないよう丁寧に養生して作業します。

そして周りを傷つけないように、タイルを剥がします。

タイルを剥がした後の壁の下地、石膏ボードは使えないのでこれも剥がします。

剥がした部分に合わせ、新しい石膏ボードを貼ります。(上の写真はこの時のものです)

そして、その上から新しいタイルを施工。

タイルの上部、両サイドの壁紙を張り替える必要がないほど、本当に丁寧に作業です。

 

 

 

 

Before

 

After

洗面台は、お施主様支給の洗面ボウル・水栓・机・鏡を組み合わせて造作しました。

照明はアンティークゴールドのブラケットにガラスのシェード。

 

 

アンティークゴールドのブラケットに、ガラスのシェードが

張り替えた壁紙の雰囲気に合っています。

 

トイレの壁紙・床張替えは1日で終わります。

床は手の届く範囲での張替えとなりますが、便器を外さずに施工することも可能ですので、ご相談ください。

壁紙も雰囲気を変えたい一面だけ等の場合は、1日で工事は完了します。

既存の壁紙を剥がすと、どうしても壁紙の裏紙が残ってしまいます。

裏紙が残っていると、新しく貼った壁紙に響いてしまいボコボコしたりしてしまいます。

それを防ぐために、下地処理をしてその上から新しい壁紙を貼っていきます。

何度も張り替えると、残った裏紙がどんどん厚くなってしまいますのでご注意ください。

リフォームには、そんな下地が響かないような厚地の壁紙を選ぶことをおすすめします!