リノベーションでキッチンの袖壁を取りたい!

中澤 広美

中澤 広美

2019.01.07

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月7日より、始動しております。今年もこの【リライフ*コラム】を通して、リノベーションを発信致します。

今回は、昨年中古マンションを購入してリノベーションをした中央区M様の事例をご紹介します。

戸建てとマンションにかかわらず、リノベーションのご相談で最も多いのがキッチン。

中でも以下ご相談が多いです。

1.対面キッチンやオープンキッチンにしたい!

2.袖壁や吊戸棚が邪魔だから取りたい。

3.新しい設備機器の採用(食洗機・浄水器・清掃性の良い機器)

 

M様の中古物件は、既に対面キッチンでした。

工事前のLDK キレイな好物件でした。

 

食堂の配膳カウンターのようで何とかしたかった。

POINT1.袖壁の撤去

工事後のキッチン方向

キッチン側からみると、やはりLDKへの視界が閉鎖的です。吊戸棚も収納力がありそうですが、意外と使わないものを入れるスペースとなりそうです。

工事前のキッチン 給湯器リモコンも移設できました。

この吊戸棚と袖壁を取り払うだけで、キッチンに立った時の視界がガラリと変わります!

工事後キッチン 適度に開放感がとても良いです。

 

工事前キッチン

POINT2.機能的で清掃性の良い設備機器へ

レンジフード:マンション特有の梁欠き加工もできます。

吊戸棚:少しだけ取りつけました。LEDでコンパクト化された手元灯も組み込んでいます。

加熱機器:お掃除もしやすい白いカウンタートップのひろまるガスコンロ(※)

水栓金物:タッチレス水栓は、便利です。

食器洗浄乾燥機:深型で、扉の引手レールも合せてスッキリデザイン仕様です。

工事後キッチン 機能と清掃性がアップ

※ひろまるコンロとは、LIXIL(リクシル)製のガスコンロです。ワークトップが広くて、丸いデザインのコンロです。全6色ありますが、人造大理石カウンターの白色とそろえるのは、オススメです。他にもシンクとおそろいにするのもかわいいです。

LIXILひろまるコンロのわかりやすい説明はコチラへどうぞ!

 

キッチン前のタイル目地が気になる方は、キッチンパネルに張り替える方が多いです。

工事前のキッチン前はタイル貼でした。

 

工事後キッチン キッチンパネルは継ぎ目が少ないので清掃性が良い

 

POINT3.インテリアにもこだわって

鏡面仕上げの大理石柄がお好きな奥様。床材はフロアータイルでお好きな柄を選定。

工事後 キッチン床材は、光沢が美しい!

 

POINT4.まとめ

キッチンの袖壁や吊戸棚を取るだけで、かなり開放的になりました。

手元が丸見えが気になるので、腰壁の高さで調節しています。

内装材は、壁・梁・天井の凹凸を考慮して、貼分けています。

 

工事前 ダイニングキッチン

※マンションの場合、キッチンの天井は配管の関係で低いことが多いので、壁がなくなったときの見え方を考慮します。

1)壁全体と腰壁をグレーの壁紙に張り替えました。

2)柱型をネイビーの壁紙に張り替えました。

3)床材は、リビングとキッチンで素材や色デザインを変えても良いと思います。

工事後 ダイニングキッチン

 

内装の雰囲気も変わり、リノベーション全体としてグレードアップしました。

他にも施工事例をWEBサイトで公開しています。

【Gallery】リノベーション事例はコチラへ

 

WEBサイトで公開していない事例もございますので、お気軽にお問合せください!

【Consultation】無料相談はコチラへ