マンションでの解体工事の進め方

小島 敏蔵

小島 敏蔵

2019.05.13

マンション改修工事は、どれだけ注意して作業を進めても、騒音や搬入出等で近隣住人へご迷惑をかけてしまう事が多くあります。特に解体時は、音と埃によるトラブルが起こりやすい為、工事初旬にして要注意工事となります。

解体業者と聞くと、荒っぽい業者が現場でガンガン作業を行う印象があるかと思いますが、トラブルの起こりやすい工事である事から、弊社ではしっかり教育された職人が安全丁寧に作業を進めています。

それでも、音だけ聞くとガンガン荒っぽく進めているように聞こえてしまう為、解体範囲が広い現場では、解体、搬出、掃除を役割分担して5、6人が短期間集中で工事を進めます。

解体後のは全員で清掃を行い、埃が共用部に出て行かないように注意確認を徹底しています。

こちらの現場は、搬出経路が長かった為7名で作業を行い1日で解体工事を完了しました。できるだけ近隣の方々への負担を軽減し、大工の造作作業へバトンタッチする事でトラブル無く完成に向かっていけるよう心掛けています。