塗り壁の魅力

赤川 裕理子

2019.11.16

みなさまのお家はどんな壁材になっていますか?

一般的なお家では、ビニールクロスが貼ってあると思います。ビニールクロスは色柄が豊富で、清掃性に優れ、施工性がよいのが特徴です。新築住宅でもビニールクロスが標準仕様という会社も多いですね。今回お家は塗り壁を使った施工事例をご紹介いたします。まずは簡単に塗り壁のご説明。

 

塗り壁って?

塗り壁とは、土や水や自然素材を使った材料を壁に塗り付けるものです。塗り壁にもいろいろな種類があるのですが、漆喰(しっくい)や珪藻土(けいそうど)など聞いたことがあると思います。塗り壁のメリットでよく聞かれるのが、湿気やいやなにおいを消臭・吸着する機能。また、職人さんの手塗ならではの風合いが魅力です。今回ご紹介するのは、中古住宅を購入されたY様ご家族です。元々の住宅が塗り壁だったこともあり、リフォームする際も塗り壁をお選び頂いました。

 

色選び

塗り壁=白 と思う方もいるかもしれませんが、実はたくさんの色があるんです。以前はホワイトで仕上がっておりスッキリとした印象ですが寒々しい印象があったので、今回は温かみのあるバニラをお選びいただきました。

塗り壁のサンプル

 

どんな模様?

塗り壁は職人さんの手で丁寧に塗られていきます。塗る模様も職人さんの技術の賜物。どんな柄を塗るのかも自分で決めることが出来ます。自分オリジナルの模様をつけてもらうことも出来るのです。実際に模様を決めるときは、試し塗をして好きな模様を選んでいただきます。

見えずらいですが色々な模様を見せてくれています。

職人さんの試し塗を確認しているY様

 

職人さんが握っているコテ。この使い方でさまざまな模様が描き出されます。いろいろなパターンを見せてくれましたが今回は、模様が派手過ぎず飽きがこなさそうな『ストーム仕上げ』にしました。コテを上手にうねうねさせることによってできる模様は二つと同じものがない完全オリジナルです。まさに芸術技!さてどんな風に出来上がったでしょうか。

以前のホワイトの塗り壁

 

温かみのあるバニラ色。キッチンの腰壁にはブルーのタイルを張りました。

塗り壁拡大。ストーム仕上げ

 

いかがですか?ビニールクロスに比べるとコストは高くはなりますが、塗り壁で内装を仕上げてみてもいいかもしれませんね。Y様のお家に入った時とても空気が澄んでいるように感じたのは私だけではないと思います。塗り壁をご検討の方、その他リフォームのご相談がある方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。

リライフ 無料相談