お部屋の換気 できていますか?

髙橋 利郎

2020.07.25

みなさん、換気はされていますか?

新型コロナウイルス対策の一環として示された「新しい生活様式」でも
日常的に、こまめに換気を行うことが推奨されています。

「ウチは空気清浄機をまわしているので大丈夫」と思われる方もいるかと思いますが
その効果は限定的と言われていますので、換気についてはしっかりと行う必要があります。

住宅の換気を考えるときには

① 窓を開けることによる換気方法
② 機械による換気方法

の二つに分けて考えることができます。
では、それぞれ説明していきましょう。

 

① 窓を開けることによる自然換気

「部屋の換気をしましょう」と言われたときに、“窓を開ける”と考えるのが一般的な感覚かと思います。
前述の「新しい生活様式」でも“30分に1回、数分程度窓を全開にすること”という基準が示されています。

窓による換気を効率的にするには、家中の扉も開けることも大切です。
そうすることで、建物の風上側から風下側に空気がうまく抜けてくれます。
風の入る窓だけでなく、出ていく窓や、その間のルートを確保してあげましょう。

過ごしやすい気温の日などは、特に気持ちよく感じますし、
風通しのいい状況では数分で一気に空気を入れ替えることがでるので、積極的に行いたい換気方法です。

ただ、暑い日や寒い日には冷暖房効率が落ちてしまうデメリットがあります。
さらに屋外が無風の場合や、大雨の場合など、天気によっては窓からの換気が難しい場合もありますね。

このような場合でも、安定的な換気を行うことができるのが機械換気です。

 

②機械による換気方法

以下の写真のようなキッチンのレンジフード、居室やトイレの天井・壁に設置された換気扇

浴室換気扇などを用いて行われており、これらはどれも「排気」をする機械です。

    
左からレンジフード、壁換気扇、浴室換気扇

対して「給気」を行っているのは、以下の写真のようなものです。

    
各種給気レジスター

壁や天井を見渡してみると、こんなものが付いていませんか?
押したり、つまみをひねったりすることでシャッターを開閉できるようになっています。

つまり、家にある換気扇やレンジフードを回し、
給気口を開放することで窓を開けずに換気を行うことが可能になります。

これが機械による換気方法です。

2003年7月(建築基準法改正)以降に建てられた住宅では、
機械換気によって常に換気を行う「24時間換気システム」が義務化されており、
これにより1時間で部屋全体の空気の約半分が入れ替えることができます。

 

いかがでしょうか。

近年の住宅は気密性が非常に高く、意識して換気を行わないと
「密閉空間」となり、人体にも建物にも悪影響があります。

最近では、レンジフードや室内換気扇・浴室換気などにも24時間換気機能が付いているものがあり、
リフォームの際には、状況に応じてお勧めしております。

Withコロナの時代ですから、
換気計画も見直してみてはいかがでしょうか。